北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

裁判員「いい経験」「不安」 法曹3者と意見交換【釧路】

 裁判員経験者と法曹3者による意見交換会が27日、釧路地方裁判所(本多知成所長)で開かれた。5月に施行10周年を迎える裁判員制度について率直に意見を交わし、経験者からは、自分が選ばれたことに驚きながらも「いい経験だった」などの声が聞かれた。

裁判員制度について意見を交わした経験者と司法関係者(釧路新聞社代表撮影)

 意見交換会は裁判員や補充裁判員の経験者から感想や意見を出してもらい、今後の運用に向けた改善点などを探ることが狙い。この日は裁判員を経験した30~60代の男女4人(うち十勝管内在住者2人)と釧路地裁の小林謙介統括判事、釧路地検の中川知三次席検事、釧路弁護士会の荒井剛会長が参加。同地裁の秋田智子判事補を司会に、座談会形式で進められた。

 経験者の全員が裁判員制度について「認識はしていたが、まさか自分が選ばれるなんて」と話し、釧路市の女性は「裁判に参加することに興味はあった。裁判所に対して堅いイメージがあったが、実際に来ると市役所などと大して変わらなかった」と印象の変化を語った。

 裁判員に選任されると一定期間、拘束されるため、勤務先への影響も考えられる。釧路市の男性は「当時抱えていた仕事は同僚に頼むしかなかった。上司も『呼ばれたなら仕方ない』と理解を示してくれた」としながらも、「裁判が終わってからは残務整理に苦労した」と振り返った。

 帯広市内で女性6人に性的暴行を加えるなどした男に、懲役23年の実刑判決を言い渡した裁判で裁判員を務めた同市の女性は「本当にこの刑で良かったのかと今でも思うことがある」と語り、裁判が終わって1週間ほど眠れないことがあったという。「狭い町だから、被告人とどこかでつながってしまうのではという不安もある。同じ地域の人を選ぶのは良くないのでは」と語った。

 制度施行からの10年間を振り返り、中川次席検事は「捜査や公判のやり方も変化している。模索しながら現在の形になっているが、より充実した制度になるよう皆さんの声を生かしたい」と述べた。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...