北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

町内でお金が循環する予算【浦河】

 浦河町は27日、平成31年度予算案を発表した。一般会計は前年度当初比1・4%増の96億6400万円。介護保険、水道事業など7特別・事業会計を合わせた予算総額は同2・6%増の138億9808万円とした。ごみ処理施設のクリーンプラザの延命化事業、役場庁舎などの木質バイオマスボイラー導入工事などを実施する。

 27年度から5カ年の第1期町地方創生総合戦略の最終年度に当たり、引き続き、子育て支援や担い手対策などに重点を置いた予算案になった。

 予算編成に当たり、池田町長は「財政的には厳しい状況が続いている」とし、主力財源の地方交付税や町税が年々漸減傾向の中、町営住宅や木質バイオマスボイラー事業など「町内や管内でお金が循環する予算を心掛けた」とし、「ふるさと納税(30年度約4億8000万円)がなければ、自主的な細かい政策は打てなかった」と説明した。

 一般会計の歳入では、町税が前年度当初比2・1%増の14億293万円。全歳入の35・7%を占める最大財源の地方交付税は前年と同じ34億5000万円を見込んだ。

 ふるさと納税を主とした寄附金は3億5000万円。返礼品ほか諸経費を除いた4割弱が事業費として使われる。将来的な借金に当たる町債は同2・8%増の8億7640万円。

 歳出では、一般会計の投資的事業に13億8690万円(前年当初比8・3%増)、特別会計で5億9020万円(同68・9%増)の計19億7711万円(同21・3%増)を計上。継続で荻伏地区の町営住宅建設、いちごハウス建設(8棟)などを進める。

 新規の子育て応援事業として、産婦健康診査や産後ケア授乳指導。不妊・不育症治療費の一部助成。妊婦向けの車両用オリジナルステッカーを製作。

 反射材着用で「交通死亡事故ゼロのまち事業」の見舞金支給。合葬墓の設置。防災ハンドブックの全戸配布。町民提案型まちづくり事業などを実施する。

 新年度予算案の主な事業(主に新規)は次の通り。

 ▽子育て支援住宅(3年目、西幌別2棟2戸)5195万円▽成人男性の風疹抗体価検査▽クリーンプラザ延命化工事(5285万円)▽災害対応特設救急車両(2344万円)▽継続・公衆無線LAN整備(まちなか元気ステーション、役場荻伏支所など5施設)▽合葬墓設置(540万円)▽新規就農者向けイチゴリースハウス・8棟(1億1962万円)▽継続・荻伏B団地建設ほか(3億4847万円)▽クルーズ客船寄港歓迎事業(5月10日、ぱしふぃっくびいなす・浦河港寄港歓迎イベントなど)▽広域連携映画製作事業・映画「北の流氷」スポンサー獲得活動ほか(75万円、えりも町や様似町などと連携)▽木質バイオマスボイラー設備導入工事(1億8657万円)▽テレビ電話通訳サービス

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...