北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

能勢さん引退「タンチョウの舞」あす千秋楽【鶴居】

 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリの観察場で、観光客や写真愛好家らに「タンチョウの舞・ひとり芝居」を披露し〝のせ爺イ〟の愛称で親しまれている能勢馨司さん(87)が今シーズン限りの引退を決めた。今年米寿を迎えるのを機に「これまでの取り組みを本にまとめたい」と執筆活動に専念するため。村内外の多くの人に親しまれた一人芝居は9、10日の公演で千秋楽を迎える。

タンチョウへの感謝を込めて舞う能勢さん

 能勢さんは旭川市生まれで釧路市育ち。小学4年の時、生息数が少なく見ることがなかったタンチョウと釧路市大楽毛で遭遇し、美しさに魅了された。タンチョウに導かれるように1968年から村役場に勤務。産業課長や商工観光課長などを歴任し「タンチョウフェスティバル」や酪農後継者対策などを手掛け、91年に定年退職した。  一人芝居は2013年1月から毎年、給餌期間の週末と祝日に上演。赤い帽子に白と黒の上着姿でタンチョウと給餌人、カメラマン、ガイドの1人4役を務め、鳴き合いの意味や保護活動などを紹介する。能勢さんは「タンチョウのおかげで多くの人が鶴居に来てくれる。タンチョウを癒やし、励ますために舞っている」と話す。  観客には毎回、オリジナルポストカードをプレゼント。すべて能勢さんの手描きで、年500枚作製している。7年にわたる上演は体力勝負。日ごろから体を鍛え、疲れていても多少体調が悪い時も舞い続けた。今シーズン限りの公演を知り、これまでの来訪者から花束や手紙、DVDが届くなど惜しむ声も多く寄せられた。  「観客の拍手がうれしく、励みになった。続けてきて良かった」と能勢さん。「鶴への恩返し」と感謝を込めて最後の一人芝居に臨む。公演は午前11時 と午後1時の2回。悪天候やタンチョウの飛来状況で変更の場合有り。

関連記事

室蘭民報

救急救命士・朽木さんが気管挿管認定【伊達】

 西胆振行政事務組合伊達消防署の警防課救急係に所属する救急救命士・朽木麻里奈さん(28)が、傷病者の気道に管を挿入し、呼吸を管理する医療行為ができる「気管挿管」の認定を受けた。胆振管内の女性隊...

室蘭民報

「カヌー好き増えて」…首藤さんがB&Gに寄贈【室蘭】

 室蘭のカヌー愛好家、首藤光宏さん(71)が、室蘭市B&G海洋センターにカヌーを寄贈した。B&Gは、親子連れや大人向けの教室を毎年開催するなどカヌーの普及に注力。首藤さんは「これを機に室蘭でも...

室蘭民報

室蘭市が「浜焼き」など19年度に実証実験【室蘭】

 「食」「アクティビティ(体験)」「特産品・お土産」の観点から既存の観光資源を組み合わせ地域活性化を図る、道の「稼ぐ観光」具体化実践モデル事業の第2回検討会議が19日、室蘭市役所で開かれ、事務...

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...