北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

マオリとアイヌの交流アピールへ NZの実業家・スミスさん、日本で大型壁画芸術祭を計画

(左から)苫小牧市内などを案内した佐々木さん、道内で芸術祭を計画中のスミスさん、映像作家の柳田さん

 ニュージーランドの先住民族マオリの実業家、ジャー・スミスさん(36)が5日から9日まで千歳市や苫小牧市に滞在し、道内で開催を計画する「大型壁画芸術祭」の会場選定に向けた視察を行った。芸術祭は「マオリとアイヌをつなぐ内容」とし、2020年夏ごろにも実現したい考え。具体的な候補地絞り込みはこれからだが、スミスさんは「苫小牧は白老や(平取町)二風谷などアイヌゆかりの土地に近く、交流しやすいと感じた。最も有力な候補地の一つ」と話す。

 スミスさんは、苫小牧市と姉妹都市の盟約を結ぶニュージーランド・ネーピア市近郊などで毎年、ビルなどの高層建築物をキャンバスにマオリの伝統的な模様や芸術的センスを生かした巨大壁画を描く芸術祭を開催している。

 北海道の先住民族であるアイヌとの芸術を介した交流を模索するスミスさんは5日、神奈川県厚木市在住の映像作家柳田好太郎さん(29)と共に、ニュージーランドから国際線で新千歳空港に到着。札幌などを訪れたスミスさんらは共通のマオリの知人を介して6日、マオリと長年親交があるアイヌ文化継承グループ、苫小牧うぽぽの会長佐々木義春さん(66)と会い、白老町や平取町二風谷のアイヌ関係施設、苫小牧市内のビルなど高層建築も視察した。

 スミスさんは「マオリとアイヌの伝統的な文様に彩られたインパクトある芸術作品を街中の人や観光客に見てもらい、先住民族同士の国際的な交流をアピールしたい」と意気込む。

 視察や開催準備の様子を記録している柳田さんは「アイヌ、マオリその他のアーティスト計10人による国際的な芸術祭になると思う。市役所などを訪れて協力をお願いしている最中」と言う。

 マオリと長年交流がある佐々木さんは「いつ訪ねても親切で、温かく迎えてくれるマオリを、今度は私たちが同じように迎える番」と強調。「苫小牧で大きな芸術祭が実現することを友人として願っている」と語った。

 スミスさんらは10月下旬ごろにも来苫する予定だ。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...