北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

PTA役員は全員お父さん 男性の育児参画広がる-千歳の認定こども園つばさ

年度の活動を振り返った会合で語り合う

 千歳市立認定こども園つばさ(太田雅子園長・園児数109人)=花園=は今年度、PTA役員全員が父親という開園以来初の体制で運営を続けてきた。男性の育児参加が社会的テーマになる中、市内でも珍しいケースという。父親たちが積極的に園の行事を積極的にサポートし、子育てを通じて交流を深めている。

 PTA役員は各クラスから1~3人の割合で選出した計10人。育児に男性が参加してほしい―との思いから今年度は職員が声を掛けて誘ったが、太田園長は「メンバー全員が父親になったのは予想外」と言う。市内の認定こども園で役員は通例母親が多数。「お父さん同士のしっかりした結び付きができてくれていたらいいですね」と話し、顔触れに感謝する。

 昨年の初夏、運動会では女性が多い職員が本部テントの建て方に苦労。即座に手助けを申し出た役員たちが協力してきぱきと完成させた。この他、夏祭りや発表会の補助などあらゆる面で職員への心強い支援があった。

 PTA会長を務める蜂谷友祥さん(35)=公務員=は「男性同士なので、悩みも共有しやすく、意見が言いやすいメンバーだった」と振り返る。

 わが子を思う気持ちは、男女で変わらない。6日には、今年度最後の役員会を開き、年間の活動を総括した。役員たちが太田園長らに感じたことや意見を伝えた。

 「先生たちが表からは見えない裏側でやってくれていることがよく見えて勉強になった」「強制されることがなく、役員になると仕事の負荷が増えるようなイメージとは違った」―。親としての貴重な経験談にうなずき合う一座だった。

 園は、幼稚園での幼児教育と保育所の保育の機能を併せ持った市立の「認定こども園」として2015年に開園。生後6カ月~5歳児の子供たちを受け入れている。園児の両親そろっての就労率は100%。

 内閣府の専門調査会は男性の育児参画を推奨する。女性の家事・育児などの軽減につながるばかりでなく、視野が広がり、自身のキャリア形成にも寄与する―との考えを示している。

 同園には父親同士の交流促進や父子で遊べるイベントを企画する「千歳市パパの会」メンバーもいる。同会の会長を務める渡部謙太郎さん(35)も園児の親の一人で「役員のお父さんたちが行事でよく動いてくれていて、活躍が目立った」と感謝する。

 親の背を見て子は育つ。父親たちの真剣な姿の記憶は子供たちを通して未来へつながっていく。

PTAの役員として活躍した父親たち

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...