北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

多彩な種類を提供 ピロシキ博2019【函館】

焼きピロシキとスープを味わう親子

 ピロシキを楽しむイベント「ピロシキ博2019」が10日、五島軒本店で初めて開かれた。さまざまな種類のピロシキやスープが提供され、参加者が食べ比べなどを楽しんだ。「はこだて焼きピロシキ」のオリジナルレシピコンテストでは、9点の商品化が決まった。

 はこだて焼きピロシキ協同組合(ソユーズはこだて焼きピロシキ、北見伸子代表)の主催。家庭料理を研究する市民グループ「愉快(ゆかい)な料理研究所」(河村昌子所長)と函館市が共催。当初は定員100人の予定だったが、希望者が多く参加枠を120人に拡大。ボランティアを含め、約170人が参加した。

 組合に加盟するパン店などが17種類の焼きピロシキを準備したほか、五島軒などが昔ながらの揚げピロシキを提供。参加者は、ロシア料理「ボルシチ」などのスープとともに、焼きと揚げのピロシキをおいしそうに食べ比べた。

 初めて焼きピロシキを食べたという三井のり子さん(76)は「おいしくて食べやすかった。いろいろなお店の味を食べ比べるのも楽しそう」と話していた。

 「はこだて焼きピロシキ」のオリジナルレシピコンテストでは、6グループが17種類のレシピを紹介。組合事業者の審査で、鹿肉を使った「ユクピロ」、中華めんを入れた「塩ラーメンピロシキ」、お金がない時の大学生の夕飯を再現した函館大学ピロシキ研究所のレシピなど、9点の商品化が決まった。

 このほかイベントでは、「はこだて焼きピロシキ」の誕生やピロシキの歴史について、ロシア極東大函館校と函館西高校放送部が研究成果を発表。寸劇や歌の発表などもあった。

 なお、商品化が決定したピロシキは5月15~21日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で販売予定。

関連記事

室蘭民報

救急救命士・朽木さんが気管挿管認定【伊達】

 西胆振行政事務組合伊達消防署の警防課救急係に所属する救急救命士・朽木麻里奈さん(28)が、傷病者の気道に管を挿入し、呼吸を管理する医療行為ができる「気管挿管」の認定を受けた。胆振管内の女性隊...

室蘭民報

「カヌー好き増えて」…首藤さんがB&Gに寄贈【室蘭】

 室蘭のカヌー愛好家、首藤光宏さん(71)が、室蘭市B&G海洋センターにカヌーを寄贈した。B&Gは、親子連れや大人向けの教室を毎年開催するなどカヌーの普及に注力。首藤さんは「これを機に室蘭でも...

室蘭民報

室蘭市が「浜焼き」など19年度に実証実験【室蘭】

 「食」「アクティビティ(体験)」「特産品・お土産」の観点から既存の観光資源を組み合わせ地域活性化を図る、道の「稼ぐ観光」具体化実践モデル事業の第2回検討会議が19日、室蘭市役所で開かれ、事務...

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...