北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

復興願い苫小牧での再演誓う 胆振東部地震被災地訪れ犠牲者追悼-ギリヤーク尼ヶ崎さん

厚真町吉野地区の惨状を前に、車いすから立ち上がって手を合わせるギリヤークさん

 現役最高齢の大道芸人で、昨夏に4年ぶり29回目の苫小牧公演を行った函館市出身のギリヤーク尼ヶ崎さん(88)=東京都在住=が9日、胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真町吉野地区などを訪れ、地震の犠牲者を追悼した。被災地の復興を願う苫小牧公演の再演も誓った。ギリヤークさんは「元気を振りしぼって、祈りの踊りをささげたい」と意気込む。

 ギリヤークさんは10日、洞爺湖町内で行われた特別公演で踊りを披露するため、9日に北海道入り。道内各地の公演を15年ほどボランティアとして支え続ける札幌市の会社員菊地敏朗さん(51)、直美さん(44)夫妻の案内で安平、厚真、むかわの各町の被害の現状を見て回った。

 集落の裏山が崩れ、たくさんの家屋が土砂にのみ込まれた吉野地区の惨状を目の当たりにしたギリヤークさんは、車いすから立ち上がって合掌。目に涙を浮かべながら「くよくよしていられない。体がぼろぼろでも心が力でみなぎっている僕が、今がんばらなくては」と話した。

 ギリヤークさんは、阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた神戸市や米国同時多発テロがあったニューヨーク、東日本大震災があった宮城県気仙沼市など国内外で鎮魂の祈りをささげる踊りを披露している。2016年ごろ、パーキンソン病と脊柱管狭窄(きょうさく)症が発覚し、懸命のリハビリを続ける。現在も車いす生活だが、昨年の芸歴50周年記念公演を全国各地で成功させるなど奇跡的な復活を遂げている。

 1985年にスタートした苫小牧公演は例年、夏の北海道公演の初場所。昨年8月に4年ぶりに行われたが、雨天のため室内での公演となったことを悔やんでいるという。

 ギリヤークさんは「僕の踊りは、屋外で踊ってこその大道芸。不自由な体になっても踊り続けることで、地震のために傷ついた人に生きる勇気を与えられたら」と話す。

 再演の時期は未定だが、実現すれば通算30回目の苫小牧公演となる。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...