北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

トマト新品種を町内で試験栽培、関係者らに公開【むかわ】

試験栽培の様子を見学する関係者

 国内種苗大手・サカタのタネ(横浜市)が開発したトマトの新品種「麗月(れいげつ)」の試験栽培が行われているむかわ町内のビニールハウスが21日、農業関係者らに公開された。出荷は今秋から本格的始まるが、トマトの実割れ(裂果)に強く、堅玉のため長時間の輸送にも耐えられるのが大きな特徴。同社は「ロス率が少ないので農家の安定した収益につながる」とアピールしている。

 「麗月」は夏秋栽培向けの大玉トマトで、寒暖の差が大きくなる秋ごろに発生する裂果の発生が低く、酸味と甘さがほどよい食味の良さが特徴。同社が10年ほどかけて開発、3年前から取引のある鵡川農協(長門宏市代表理事組合長)に協力を依頼、鵡川蔬菜園芸振興会(平島道弘会長)が中心に試験栽培に当たった。

 平島会長は「玉が堅めなので日持ちが良く、裂果が少ない」とメリットを口にする。町内では68農家が28・8ヘクタールでトマトを栽培、年間9億円ほどの売り上げがあるという。今年は約4割が「麗月」を栽培しているという。ミニトマトの種の道内シェア9割を誇る同社の相原悟野菜統括部長は「道内から全国各地にシェアを広げていきたい」と新品種に自信をのぞかせる。

 この日は、平島会長のビニールハウスで見学会が行われ、全道各地から参加した農家や農協など関係者が栽培方法やトマトの特徴などに耳を傾けた。長門代表理事組合長は「昭和50年代からトマト栽培に取り組んでいるが、中心的な品種になるのではないか」と町内のトマト生産拡大に大きな期待を寄せている。

新品種のトマト「麗月」

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...