北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

目指せ!関取 八角部屋入門の秋山(大農高3年)【函館】

夢の大相撲に向けて、意気込みを語る秋山

 大相撲の八角部屋に入門した大野農高3年の秋山将輝が3月2日の新弟子検査に合格し、いよいよデビュー向けてスタートを切った。出発前に秋山は「不安や緊張もあるが、十両、幕内を目指し、みんなの期待に応えられるように頑張りたい」と角界への意気込みを語った。

 小学4年時に北斗市内のちびっ子相撲の大会に出場して優勝したことや、同高相撲部OBの父・貴宏さん(45)の影響で相撲を始めた。尊敬する貴宏さんから教わりながらめきめきと力を付けて、小学5年生で全道大会を優勝。上磯中では2、3年と全国中学校大会に出場と結果を残した。

 高校では身長178センチ、体重170キロの体格を生かし、胸から当たる豪快な相撲を持ち味に2年でインターハイ道予選を優勝。インターハイでは予選を突破して、国体出場を果たした。しかし、その後は左ひざ半月板を損傷し、昨年2月に手術。3年生では思うような結果を残せなかった。だが、けがは癒え、自宅などでしこを踏むなど、準備してきた。

 角界入りは「苦しい稽古のきつい世界だから最初は父さんに反対された。でも覚悟して決めた」と秋山。

 八角部屋を選んだのは「小学生ころからずっと見てくれた」と恩義を感じたからという。同期には同じ道南で八雲町の福井海翔(八雲中卒)のほか、高校5冠の斎藤大輔(埼玉栄高卒)らがいる。「まさか同じ部屋になると思っていなかったが、毎日一緒に稽古できることはうれしい。中学時代から有名な選手で、良いところを吸収したい」と楽しみしている。

 趣味は料理。弁当のほか、時間があるときはカレイの煮付けなど夕飯も進んで作っていたという。「調理師への進路も頭にあった。ちゃんこ番もあるので、趣味を生かしたい」と得意気に語った。

 目標する力士は同部屋の小結・北勝富士関と、大関の高安関。身近にいるお手本の先輩を見ながら押し相撲を磨きながら、立ち合いは高安関を参考して、理想の力士像に近づける。「18年間育てくれたことに感謝している。番付を上げることが恩返しになると思う」と家族への思いを忘れず、相撲の道をまい進する。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...