北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

境内の湧水 住民と守る 大正神社【帯広】

筒井宮司が地域住民と共に復活させ、保全する境内の湧き水

 大正神社(筒井洋一宮司、帯広市大正本町)の境内にある湧き水「幸震(こうしん)」を筒井宮司(48)と同神社奉賛会(現会長は伊藤栄三さん)が復活させ、水質保全を図って12年になる。「神社の湧き水」として本州からもくみに来るほど評判を呼び、近くにある旅行者向けの無料宿泊施設「大正カニの家」利用者らも活用する。筒井宮司は「災害時の非常用水としても利用できる」と整備を続ける。

 神社境内の北西の端、大正ふれあい広場に面した斜面から水が湧き出す。旧国鉄広尾線(1987年廃線)が運行されていた当時は近くの国鉄官舎の住民らが水を利用していたが、同線廃止後は荒れ果て、ごみも捨てられていた。

 99年に禰宜(ねぎ)として筒井さんが同神社に着任、2004年に宮司となり境内の整備を進める中で、参拝者から「境内に湧く水を大切にしてほしい」と指摘された。奉賛会(当時の会長は林義一さん)の協力でごみを掘るときれいな湧き水が現れ、さらに歴史を調べると1933(昭和8)年、神社の移転造営の際、この湧き水があることが場所選定の理由の一つだったことも分かった。

 清掃、砂利の入れ替え、階段の整備などを進めて湧き水を復活させ、05年に一般開放した。毎年1回の水質検査も行って安全性を確かめ結果を掲示、大正の元の地名「幸震」の湧き水として看板を立てた。湧き水としての性質上「飲用」を勧めることはできないが、本州から「お水取り」に訪れる人や、「この水でコーヒーを入れるとおいしい」と、煮沸して使う水として管内からくみに来る人もいる。

 大正カニの家に宿泊するライダーも活用。愛知県の男性(68)は「毎年、この水で米を炊く。とてもおいしい」と笑顔を見せる。

 筒井宮司は「水温は夏も冬も約7度。湧き水から流れ出た小川にはエゾサンショウウオやニジマスも生息する。小さい子どもたちも安心して水遊びができる。災害時に水道が止まってもこの水は利用できる。奉賛会の総代の皆さんと共に守り続けたい」と話している。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...