北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

境内の湧水 住民と守る 大正神社【帯広】

筒井宮司が地域住民と共に復活させ、保全する境内の湧き水

 大正神社(筒井洋一宮司、帯広市大正本町)の境内にある湧き水「幸震(こうしん)」を筒井宮司(48)と同神社奉賛会(現会長は伊藤栄三さん)が復活させ、水質保全を図って12年になる。「神社の湧き水」として本州からもくみに来るほど評判を呼び、近くにある旅行者向けの無料宿泊施設「大正カニの家」利用者らも活用する。筒井宮司は「災害時の非常用水としても利用できる」と整備を続ける。

 神社境内の北西の端、大正ふれあい広場に面した斜面から水が湧き出す。旧国鉄広尾線(1987年廃線)が運行されていた当時は近くの国鉄官舎の住民らが水を利用していたが、同線廃止後は荒れ果て、ごみも捨てられていた。

 99年に禰宜(ねぎ)として筒井さんが同神社に着任、2004年に宮司となり境内の整備を進める中で、参拝者から「境内に湧く水を大切にしてほしい」と指摘された。奉賛会(当時の会長は林義一さん)の協力でごみを掘るときれいな湧き水が現れ、さらに歴史を調べると1933(昭和8)年、神社の移転造営の際、この湧き水があることが場所選定の理由の一つだったことも分かった。

 清掃、砂利の入れ替え、階段の整備などを進めて湧き水を復活させ、05年に一般開放した。毎年1回の水質検査も行って安全性を確かめ結果を掲示、大正の元の地名「幸震」の湧き水として看板を立てた。湧き水としての性質上「飲用」を勧めることはできないが、本州から「お水取り」に訪れる人や、「この水でコーヒーを入れるとおいしい」と、煮沸して使う水として管内からくみに来る人もいる。

 大正カニの家に宿泊するライダーも活用。愛知県の男性(68)は「毎年、この水で米を炊く。とてもおいしい」と笑顔を見せる。

 筒井宮司は「水温は夏も冬も約7度。湧き水から流れ出た小川にはエゾサンショウウオやニジマスも生息する。小さい子どもたちも安心して水遊びができる。災害時に水道が止まってもこの水は利用できる。奉賛会の総代の皆さんと共に守り続けたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...