北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「春ウニ」と「サクラ」

 日高の「春ウニ」と「サクラ」を売り込め!。日高振興局は管内7町と漁協、農協、商工会などと連携した初企画の一大イベント「ひだか Spring Puremium(スプリング・プレミアム)」を4月10日から5月末まで実施する。その第1弾として、4月10、11の両日、札幌市中央区の北海道庁赤れんが庁舎前庭で、5000個規模の春ウニ大即売会や日高特産市を開催する。

 日高振興局は、春の日高の食の代表「春ウニ」と「サクラ」の地域資源を生かし、道内外にまだまだ浸透が足りないこれら日高の魅力をアピールし、「春と言えば『ひだか』」と思われ、日高を訪れるような発展を期待し、管内官民団連係プロジェクトを企画。

 振興局の地域政策課を窓口に、農・水産や商工、観光ほか過去に例を見ない「振興局全体の事業」(松浦英則局長)として取り組んでいる。

昨年4月の「えりもうに祭り」。赤れんが庁舎会場の春ウニ購入者はうに祭りで優先してウニを買える。

 赤れんが庁舎前の日高の春ウニ大即売会&日高特産市は、日高振興局が主催し、えりも漁協が共催。両日とも午前11時から午後3時まで開催(雨天決行)する。

 会場ではえりもの殻付き春ウニ1袋4~5個を1000円で販売するほか、塩水ウニの試食、殻付きウニ割りを実演。日高の春の特産農水産物を販売し、日高の観光の魅力をPRする。

 また数量限定で、春ウニ購入者の中から、4月28日にえりも町で開催する「えりもうに祭り」で、行列に並ばずに優先して殻付きウニが購入できる優先券(購入費は別途)を配布する。

 4月20日から5月31日までの期間で、日高地方を訪れ、管内協力店(調整中)で春ウニを注文した人や協力施設の春ウニプラン利用者に、先着で日高コンブ引換券(管内引換所でコンブ提供)をプレゼントする。

 ほか、5月上旬の「浦河桜まつり」と「しずない桜まつり」、5月19日の「さまにウニまつり」とタイアップしたイベントを企画調整している。

 日高振興局では、このスプリングプレミアムをモデルに、他の季節や食を使って発展させる「日高地域創生へのステップアップ」を考えており、交流人口の増加による経済活性化や地元産業の育成に期待をかけている。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...