北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

大規模停電想定し 燃料輸送の訓練-道経産局と陸自連携

燃料入りドラム缶の積み込み想定訓練を行う隊員=12日午前11時ごろ

 道経済産業局と陸上自衛隊北部方面隊は12日、苫小牧埠頭の苫小牧ターミナル第3油槽所(苫小牧市真砂町)でブラックアウト(大規模停電)を想定した災害時燃料供給合同支援訓練を実施した。関係機関などから35人が参加。災害時における燃料充填(じゅうてん)の作業手順などを確認した。

 2015年度から年2回程度実施。7度目となる今回は昨年9月6日の胆振東部地震の経験を踏まえ、道央圏で大地震とブラックアウトが発生し、燃料の民間輸送が困難な事態を想定して実施。また、訓練場所を提供した苫小牧埠頭も震災以降に導入した自家発電機を現場に設置するなど、本番さながらの雰囲気で行われた。

 訓練には陸自第2師団の隊員約10人が参加。燃料タンク車両1台にガソリンと軽油を2キロリットルずつ充填する作業や、燃料の入ったドラム缶10本をトラックの荷台に積み込む訓練を模擬的に行った。

 道経産局資源エネルギー環境部の八木雅浩部長は「燃料の供給が途絶えると道民の命にも関わる。継続的に訓練を行い、災害時も円滑に燃料供給できる体制をとっていきたい」と述べた。

 午後からはトラックに積載したドラム缶を札幌市内の医療機関まで輸送する燃料供給訓練を行うほか、13日には同市内のガソリンスタンドや浄水場への供給訓練も実施する。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...