北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

果汁100%ジュース発売 松下リンゴ果樹園【芽室】

 芽室町内の松下リンゴ果樹園(北明西6線16、松下忠雄代表)は、同園のリンゴを使った「とかちめむろ りんごジュース」を発売した。松下代表は「樹上完熟(果実を木の上で完熟させること)にこだわっているので、おいしいジュースができた。十勝でもリンゴが取れることを知ってもらえれば」と話している。

丹精込めたリンゴで作った「とかちめむろりんごジュース」と松下代表

 松下代表(71)は農機メーカーを定年退職した2008年から本格的にリンゴをはじめとした果樹栽培を始めた。リンゴは約30品種を栽培し、同園での直売や、町内の愛菜屋に出荷している。

 リンゴジュースは農産物加工品製造を手掛ける「北王よいち」(後志管内余市町)に製造を委託した。酸味が強い「紅玉」のみを使った「紅玉ストレート」と、甘みのある「ふじ」と「紅玉」をブレンドした「ふじ・紅玉ミックス」の2種類で、いずれも果汁100%。「紅玉」は全国的にも栽培農家が減少しており、紅玉のジュースは珍しいという。

 松下代表は「紅玉ストレートは寝起きにしゃきっと、酸味が強いのが苦手な子どもにはミックスがお薦め」と笑顔を見せ、「将来的にはいろんな品種でジュースを作りたい」と話す。

 約600キロのリンゴを使用し、180ミリリットル(280円)1100本、1リットル入り(790円)240本を製造した。

 Aコープめむろ店で販売している他、春にリニューアルするダイイチ白樺店、5月3日に営業を始める愛菜屋でも扱う。

関連記事

室蘭民報

そうべつくだもの村でブドウ狩りのシーズンを迎える【壮瞥】

 壮瞥町内の果樹園18軒でつくる「そうべつくだもの村」はブドウ狩りのシーズンを迎えた。甘く熟した大きな実を求め、多くの観光客が足を運んでいる。  滝之町の阿野観光果樹園(阿野裕紀緒園主)では、...

室蘭民報

来遊遅れ厳しい出足―秋サケ漁の漁獲量、過去5年で最低【胆振】

 胆振海域の秋サケ定置網漁(1日解禁)が当初予想に反して厳しい出足となっている。来遊の遅れが主な原因とされ、今月下旬以降に増える見通しも出ているが、全体的に漁獲量が前年度を下回っている。10日現...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、...

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...