北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

果汁100%ジュース発売 松下リンゴ果樹園【芽室】

 芽室町内の松下リンゴ果樹園(北明西6線16、松下忠雄代表)は、同園のリンゴを使った「とかちめむろ りんごジュース」を発売した。松下代表は「樹上完熟(果実を木の上で完熟させること)にこだわっているので、おいしいジュースができた。十勝でもリンゴが取れることを知ってもらえれば」と話している。

丹精込めたリンゴで作った「とかちめむろりんごジュース」と松下代表

 松下代表(71)は農機メーカーを定年退職した2008年から本格的にリンゴをはじめとした果樹栽培を始めた。リンゴは約30品種を栽培し、同園での直売や、町内の愛菜屋に出荷している。

 リンゴジュースは農産物加工品製造を手掛ける「北王よいち」(後志管内余市町)に製造を委託した。酸味が強い「紅玉」のみを使った「紅玉ストレート」と、甘みのある「ふじ」と「紅玉」をブレンドした「ふじ・紅玉ミックス」の2種類で、いずれも果汁100%。「紅玉」は全国的にも栽培農家が減少しており、紅玉のジュースは珍しいという。

 松下代表は「紅玉ストレートは寝起きにしゃきっと、酸味が強いのが苦手な子どもにはミックスがお薦め」と笑顔を見せ、「将来的にはいろんな品種でジュースを作りたい」と話す。

 約600キロのリンゴを使用し、180ミリリットル(280円)1100本、1リットル入り(790円)240本を製造した。

 Aコープめむろ店で販売している他、春にリニューアルするダイイチ白樺店、5月3日に営業を始める愛菜屋でも扱う。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

十勝毎日新聞

初のロゼ・スパークリングワイン 十勝レガーロ【清水】

 清水町産ブドウを使ったワイン「さねんころ」を製造する十勝レガーロ合同会社(御影基線29)が、初めてロゼのスパークリングを醸造した。25日から同社で販売する。  前身の清水ワイン研究会が20...

十勝毎日新聞

地ビールあす披露 コタニアグリ【更別】

 更別村内で生産したビール麦とホップを使った地ビールが完成し、19日に村内で開かれる「十勝さらべつすももの里まつり」で初めて販売される。更別初の地ビールを造ったのは村内の農業法人コタニアグリ(小谷...

函館新聞

ピロシキ博のオリジナルピロシキ販売開始【函館】

 「ピロシキ博2019」から誕生した「はこだて焼きピロシキ」の販売が15日、丸井今井函館店地下1階不二屋本店で始まった。地元の高校生らが考案した個性豊かなオリジナルピロシキが並び、市民らが買い求...

十勝毎日新聞

豚丼 待つ価値あり【帯広】

 帯広駅前の老舗豚丼店「元祖豚丼のぱんちょう」(西1南11)では3日午前、開店を待つ観光客らが長蛇の列をつくった。  同店の行列はいまや連休中の「風物詩」。この日は午前10時ごろから並び始め...