北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

大正長いも輸出 20周年 JA帯広大正祝賀会【帯広】

 JA帯広大正(吉田伸行組合長)が生産する大正長いもの海外輸出20周年を記念した祝賀会が12日、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。生産者や輸出業者ら約60人が参加し、さらなるブランド力向上を誓った。

あいさつで「ブランド力を一層高めたい」と述べる吉田組合長

 大正長いもの栽培は45年ほど前から一部の農家が始めた。1989(平成元)年ごろにJAが本格的な取り扱いを始め、台湾からの需要に応じる形で98年産から、JA単独としては国内では初めてナガイモの輸出を開始。現在は66戸が年間4000トンを生産。3割ほどを台湾やシンガポール、アメリカに輸出している。

 開会に当たり吉田組合長が「価格暴落や冷害を乗り越え、最高のナガイモを届けようと努力した生産者に深く敬意を表したい。魅力ある産地であり続けるため、さらなるアプローチに取り組みたい」と述べた。

 来賓の三井真十勝総合振興局長、米沢則寿帯広市長が祝辞を述べた。輸出に尽力した「北陽貿易」(札幌)、「啓銘実業」(台湾)、「BL Providores」(シンガポール)に吉田組合長から感謝状が贈られた。

 同JA長いも生産部会の小森弘嗣部会長が「関係者と連携し、消費者に安全安心なナガイモを届けたい」と述べて乾杯、歓談した。

関連記事

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...

室蘭民報

絵鞆町会の親子ふれあい農園のクロユリが見頃【室蘭】

 室蘭・絵鞆町会の「親子ふれあい農園」で育てられているクロユリが見頃を迎えた。室優平緑化部長(78)は「プランターの方は満開。庭も近日中に満開になるよ」と語る。この日室蘭市の最高気温は7月中旬並...

室蘭民報

サッカー室蘭支部予選、大谷室蘭など3回戦へ【苫小牧】

 第72回北海道高校サッカー選手権室蘭支部予選兼全国高校総体サッカー競技北海道予選室蘭支部予選は2日目の22日、苫小牧市緑ヶ丘公園サッカー場で2回戦8試合が行われた。大谷室蘭、伊達緑丘、室清水、室...