北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

喪主に「頑張ってね」は禁物、アシストの会が終活研修【室蘭】

終活について理解を深めた室蘭アシストの会の研修会

 DVや生活に困窮する人への緊急援護資金を貸し付けている室蘭アシストの会(沼田貞子会長)の研修会が12日、室蘭市東町の胆振地方男女平等参画センターで開かれ、会員がより良い人生の最期を迎えるための知識を学んだ。

 約70人が参加。室蘭市民斎場雲上閣の藤井幹久会長が「終活と命の伝達」と題して講演した。

 藤井会長は終活に必要な取り組みとして、持ち物の整理や終末期、墓、葬儀について考えることを挙げた。葬儀の形式として、遺体を直接火葬場に運び、1日で葬儀を終えて火葬する「直葬」が都市部を中心に増加している傾向を紹介した。また、東京の20代対象のアンケート結果から、「墓を守っていく」「祖父母の墓までは守る」と考えている若者が多い点も強調した。

 近親者と死別して悲しんでいる人が立ち直れるように支援するグリーフケアの重要性も説いた。「(葬儀の際に)喪主に『頑張ってね』と声を掛けるのは、グリーフケアの観点からは言ってはいけない。(喪主の気持ちを)聞き、耳を傾けることが大切」と一方的な励ましがより喪主を悲しませることを説明した。

 「葬式とは故人が幸せを共有してきた人、縁で結ばれた人との惜別の式。周囲に感謝し、故人が生きてきた証しを表現し、生命の尊さ、伝達を確認する場と感じている」と葬儀が持つ意味や役割を指摘した。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...