北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

民間ドローン活用で協定【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)は11日、同署で浦河町向が丘の測量設計業務の細道コンサルタント(久保佳幸社長)と「災害時等における小型無人機(ドローン)による情報収集等に関する協定」を締結した。道内の警察署では2例目の締結。

 浦河町内の災害発生時の被災状況の確認や山岳、山菜取りの遭難などの際に、民間会社所有のドローンの出動を要請し、情報収集などを円滑に実施することを目的。

 この日、協定書に岡崎署長と久保社長が調印。ドローンは時速72㌔、最大飛行時間30分で上空からの高画質撮影(2000万画素)が可能。

 同社には、講習を受けた操縦士2人と日本防災士機構認定の防災士1人が在職し、出動要請に応える。

 調印後に岡崎署長は「災害時の被害状況や人命救助などの情報収集に有効なツールとして、上空からの画像情報を有効活用したい。民間の協力は助かります」と期待を寄せた。

 久保社長は「災害時の状況把握や人命救助、山菜取りなどによる遭難者の捜索などの情報把握のため、警察からの出動要請に迅速に応えたい」と話した。

ドローンによる情報収集協定を締結した久保社長(左)と岡崎署長(右)

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...