北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

せっけん、バームの新商品を販売・地元産ひまわり油で製作【名寄】

名寄産ひまわり油を原料に使った「北の耀きソープ」と「北の耀きバーム」

 ひまわり工房「北の耀き」(市内西3南3)を運営する株式会社名寄給食センター(加藤優樹代表取締役)では、オレイン酸などを豊富に含んだ名寄産ひまわり油「北の耀き」を使ったせっけん「北の耀きソープ」と「北の耀きバーム」の2商品を、14日からKTパイオニアグループ各店で販売する計画。加藤代表取締役は「名寄市民をはじめ、名寄に来ていただいた方々へ広く発信していければ」と話している。

 原料となっているひまわり油「北の耀き」は、地元農家と契約栽培している高オレイン酸品種のひまわりを使用。自然な油を抽出する昔ながらの圧搾で、添加物は使用せず、栄養成分が凝縮された一番絞りのみを使用。

 ひまわり油せっけんは、士別グランドホテル別館オープン(2018年12月26日)のノベルティグッズとして取り扱おうと製作したのがきっかけとのこと。バームとともに、製造は旭川の業者へ委託し、構想から1年で商品化にこぎ着けた。

 「北の耀きソープ」は、ひまわり油をベースに製作されたせっけん。無添加、無刺激で敏感肌にも優しいとのこと。グランドホテル藤花でも宿泊者用のアメニティグッズとして用意。

 「北の耀きバーム」は、ひまわり油や蜜ろうなどを原料としたクリーム。加藤代表取締役は「ひまわりの葉や茎のような自然の香りがするのが特徴」とし、手や爪、髪になじませてもよいとのこと。

 「北の耀きソープ」は1個200円(税込み)、「ひまわりバーム」は1個1620円(同)で、ひまわり工房「北の耀き」をはじめ、ホテル藤花、紅花会館などグループ各店で取り扱うことにしている。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...