北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

市立函館高美術部「ポスター甲子園」で2年連続グランプリ【函館】

グランプリを受賞した市立函館高校美術部の(左から)佐々木顧問、濱道さん、森谷さん、佐藤さん

 学校行事を題材にしたポスターコンテスト「第14回全日本学校ポスター甲子園」の結果がこのほど発表され、市立函館高校美術部の3人が制作した作品がグランプリを獲得した。同部のグランプリは2年連続3回目の受賞で、部員らは「連覇は今までないと聞いていたので驚いたが、自分たちの作品が評価されてうれしい」と喜びに沸いている。

 “ポスター甲子園”は、全国の高校、大学、専門学校のイベントポスターを対象にしたコンテストで、旭川市の印刷会社「総北海」が主催する。

 同部は毎年、同校の学校祭用ポスターを手掛け、この作品を同コンテストに応募してきた。グランプリのほか、準グランプリも3度獲得するなど入賞の常連。そのため、制作メンバー入りするのは倍率が高く、くじで2年生の森谷美友部長(17)、佐藤みくにさん(17)、濱道七海さん(17)の3人に決まった。

 期間は2週間ほどと限られた上に、3人の意見がまとまらずに当初は苦戦の連続だっという。それでも話し合いを重ねて完成形を思案し、自分たちで撮影した写真に手描きの星空を組み合わせた。高校生が教室の窓から星空を見上げている幻想的な雰囲気となった。

 一方で、ポスターに学校祭の情報を掲載するレイアウトは悩みが尽きなかったとする。初めて学校祭のテーマが英語だったこともあり、文字のフォントや向きを変えるなど何度も試作して納得できたのは応募締め切り日ぎりぎりだったという。「―そのとき僕らは星空よりも輝いていた―」「つくりあげるのは、モノだけじゃない。」のキャッチコピーには思い入れも大きく、森谷部長は「高校時代特有の青春や友情を感じられる作品ができた。やり切った」と振り返る。

 佐藤さんと濱道さんも「3人じゃないと完成できないものだった。顧問の存在にも感謝」と話す。佐々木龍顧問は「プレッシャーもあったと思うが、それぞれの成長を感じられる最高の作品になった」とたたえる。

 今後はさらに美術を深めていきたいという3人。「この経験で妥協しないことの大切さを学んだ。生かしていきたい」と決意を語った。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...