北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊達150年…市民団体が歴史本出版へ、支援を募る【伊達】

歴史本「(仮題)侍たちの北海道」のポスターを手にPRする奥村会長(右)ら

 「伊達」と名乗ってから150年の節目を迎える今年。市民団体・伊達150年物語の会(会長・奥村孝善大雄寺住職)は歴史本「(仮題)侍たちの北海道~亘理伊達武士団の挑戦」の出版を計画している。希少な写真や資料をふんだんに使用し、先人の偉業を分かりやすく紹介する。同会は製作・出版への支援を呼び掛けている。

 同会は、伊達の特異な系譜と先人の偉業を書に残し次世代に伝えたい―と昨年1月に伊達郷土史研究会や伊達市文化連盟のメンバーで発足。プロのライターの協力を得ながら製作活動を進めている。

 歴史本は、亘理伊達家からの「移住団の上陸や開墾の苦闘」「戊辰戦争と亘理伊達家」「近世の蝦夷地」「開拓モデルとしての伊達」、さらに移住団からさかのぼり縄文期からの歴史を紹介する「150年から見えること」の全5章での構成を予定する。

 ビジュアル面を重視し、A4判で200ページほどを予定。1869年(明治2年)~81年の9次移住までの総勢2700余人の挑戦。西洋式農法にも取り組んだ姿など、現代を生きる市民が「気づきと学び」を得ることができる一冊になる。

 同会は製作に当たって支援を求める。支援者には5千円で完成本1冊、1万円で同2冊などの返礼がある。完成本には支援者の名前や法人名を記載する。6月下旬まで支援を募り、7月に完成。8月24日の記念式典までには支援者へ配布、一般販売をしたい考え。

 奥村会長は「歴史が未来への礎となって今に至る。(歴史本は)今までにないもので、一般の市民にも分かりやすく、いろいろな切り口で歴史を学べる1冊をつくりたい」と話している。

 払込票が同封されているチラシは市役所をはじめ、市内のコミュニティーセンター、だて歴史の杜カルチャーセンターなどに置いてある。問い合わせは事務局の菊地文雄さん、携帯電話090・2058・7007へ。

関連記事

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...

室蘭民報

絵鞆町会の親子ふれあい農園のクロユリが見頃【室蘭】

 室蘭・絵鞆町会の「親子ふれあい農園」で育てられているクロユリが見頃を迎えた。室優平緑化部長(78)は「プランターの方は満開。庭も近日中に満開になるよ」と語る。この日室蘭市の最高気温は7月中旬並...

室蘭民報

サッカー室蘭支部予選、大谷室蘭など3回戦へ【苫小牧】

 第72回北海道高校サッカー選手権室蘭支部予選兼全国高校総体サッカー競技北海道予選室蘭支部予選は2日目の22日、苫小牧市緑ヶ丘公園サッカー場で2回戦8試合が行われた。大谷室蘭、伊達緑丘、室清水、室...

十勝毎日新聞

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定【帯広】

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定...

十勝毎日新聞

おっかなびっくり乳搾り 児童が農業体験【幕別】

 幕別町主催の「農業体験塾」が18日、町南勢の田村牧場(田村寛興代表)などで開かれ、小学生が搾乳体験や子牛との触れ合いを楽しんだ。  町の基幹産業である農業を身近に感じ、農業と食料の関わりに...