北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

台所で楽しむ草木染め【室蘭】

完成した草木染めストールを手に笑みを浮かべる参加者たち。前列右は講師のしもかわさん

タマネギの皮を煮出して作った濃い茶色の染液

オーガニックガーゼストールをタマネギの染液に浸して染める参加者たち

 台所で楽しむ草木染めの基本講座が2月21日、室蘭市中島町の市生涯学習センターきらんで開かれました。記者を含む女性9人が参加し、環境に配慮した手法でタマネギの皮とお茶殻で染液を作り、オーガニックガーゼストールを染め上げました。黄色とグレーの優しい色合いが絶妙に調和した、世界に一つだけのオリジナル作品の仕上がりに、「おしゃれだわ」「すてきね」と笑顔が広がりました。取り組みの様子を紹介します。

 講師は天然染料・顔料でイラストや草木染め作品を手掛けている、しもかわくみこさん=登別市、工房・てんまる堂代表。室蘭市高砂町にアトリエを構え、創作やサークル活動などを展開しています。「自然からもらった深みのある色と、無農薬で栽培されたオーガニックガーゼの柔らかさを実感してください」と参加者に呼び掛けました。

 作業は染液作りから開始。タマネギの皮90グラムを水でさっと洗い、5リットルの水が入った鍋に入れて、80~90度で15~20分ほど煮出します。煮出し作業は2回。意外にも濃い茶色になりました。同時にほうじ茶の茶殻(使用後)も煮出しました。しもかわさんは「皮や茶殻は、染める布の半分の重さが目安です。布が100グラムなら、50グラムにしてください」と助言しました。

 1番液と2番液を合わせたら染色作業に入ります。その前に布ののりを抜くために熱湯に中性洗剤を入れて洗います。じゃばら折りにして畳み、白抜きの模様を出すために輪ゴムで部分的に縛ります。

 この後、布の半分ほどをタマネギの染液に約10分浸しました。取り出して絞り、色止め効果のある生ミョウバンの媒染液に浸した後、水洗いしました。この作業を2回繰り返すと、山吹色のような鮮やかな黄色に染まり、みんな感激です。

 今度は、まだ染まっていない部分をほうじ茶の染液で染めます。作業はタマネギと同様、生ミョウバンを木酢酸鉄に替えて行いました。淡いグレーに染まり、タマネギの黄色と絶妙にマッチしてとても魅力的です。

 色合いや模様、デザインは人それぞれで個性的です。私はタマネギの黄色で布の片側を少しだけ縁取り、残りの部分はほうじ茶のグレーで染め上げました。とてもすてきに仕上がり、身に付けるのが楽しみです。

 しもかわさんは「フキの葉やヨモギ、タンポポ、栗のいがなどでも染められますよ」と話していました。参加した市内の主婦、橋田貴子さん(38)は「野菜の使わない部分を再利用し、エコにもなっていいですね。自宅でもやってみたいです。早速、お出掛けのときに身に付けたいです」と笑みを浮かべていました。

 しもかわさんは「アトリエでも少人数でできるので、ぜひいらしてください」と話していました。問い合わせはてんまる堂のブログやフェイスブック、しもかわさんの携帯電話050・3778・3638へ。

関連記事

日高報知新聞

最後の奨学資金寄付【新ひだか】

【新ひだか】町アサヒビール協力会(鳥谷末雄会長)は17日夜、奨学資金として町に10万円を寄付した。  この日は、町公民館で最後のチャリティーとなる「第60回アサヒビアパーティー」を開催。同会では昭...

日高報知新聞

空き店舗をにぎわい拠点に【浦河】

 浦河町の若手集団「浦河リノベ部」(上埜友介部長、部員8人)は、空き店舗だった大通4の旧三好畳店の改装を手掛けた「シェアスペース・tatamiya(たたみや)」で18日、オープニングイベントを開...

苫小牧民報

G20観光相会合へ機運高める 新千歳にカウントダウンモニュメントお目見え

 北海道は18日、20カ国・地域(G20)観光相会合開催までの残り日数を表示するカウントダウンモニュメントの除幕式を新千歳空港国内線ターミナルビルで行った。会合実行委員会会長の鈴木直道知事が立ち...

苫小牧民報

震災協力者もてなし 安平・道の駅で「復興感謝フェス!」

 あびら観光協会と安平町復興ボランティアセンターのメンバーら町民有志でつくる「あびら復興加速実行委員会」主催の「復興感謝フェス!」が18日、安平町追分の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーショ...

名寄新聞

運動会で1番目指す!・高校生が教える陸上競技教室【名寄】

 名寄高校陸上競技部(三浦航大主将、部員27人)の「高校生が教える陸上競技教室~運動会で一番をめざそう!~」が18日に同校グラウンドで開かれ、小学生たちが速く走るための練習などを体験。多彩なプログ...