北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アイスホッケー日本製紙廃部 十勝でも指導【十勝】

 今季限りで廃部となる、アイスホッケーアジアリーグに所属する日本製紙クレインズ(釧路)のチーム存続に向けた署名が、10日で5万筆を超えたことが分かった。ファン有志が立ち上げた「氷都くしろにクレインズ存続を願う会」(寺山博道代表)が1月に活動を始め、わずか2カ月余りで多くの賛同が集まった。十勝管内でも多くの署名があり、関係者は17日の署名活動終了に向け、さらに力を入れている。

ホッケークリニックで十勝の子どもたちを指導するクレインズの選手ら(2016年、帯広の森アイスアリーナ)

 全国で活動するファンからの郵送分などがまだ届いていないことから、同会はさらに総数は増えると予測している。集まった署名は28日、釧路商工会議所(栗林定正会頭)に請願書と共に提出する。

 同会はチーム存続に向けた活動を「69年間、釧路とともに歩んできたクレインズが存続し、釧路のファンはもちろん、同じくホームチームとして捉えている十勝のファンの夢や希望や憧れであり続けるため」と位置付ける。クラブチームとして存続するには課題が山積するが、「十勝の企業のサポートも含め、道東一丸で支える体制づくりと、しっかりとした運営組織の確保が急務」と捉える。

 署名活動は年明けから始まり、十勝でもちびっこアイスホッケー幕別大会の会場(幕別中グラウンド)で児童の保護者らに呼び掛けるなど続けてきた。会を立ち上げた一人で副代表の宇野和哉さん(幕別)は「身近に憧れの選手がいて間近でプレーを見ることは、子どもたちにとって、夢を実現するための手本や目標になる。“オリンピアンの町”を掲げる幕別町が良い例」と話す。

 クレインズのメンバーは釧路市内の小学校で親善大使を務めるなど、地域に密着。十勝でもアイスホッケークリニックや少年団などでスタッフや選手が指導しており、宇野さんは「十勝の子どもたちが、今後もチームとつながりを持っていけるようにとの思いもある」としている。  同会は署名活動終了後も存続のための活動を継続していく。

関連記事

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...

室蘭民報

絵鞆町会の親子ふれあい農園のクロユリが見頃【室蘭】

 室蘭・絵鞆町会の「親子ふれあい農園」で育てられているクロユリが見頃を迎えた。室優平緑化部長(78)は「プランターの方は満開。庭も近日中に満開になるよ」と語る。この日室蘭市の最高気温は7月中旬並...

室蘭民報

サッカー室蘭支部予選、大谷室蘭など3回戦へ【苫小牧】

 第72回北海道高校サッカー選手権室蘭支部予選兼全国高校総体サッカー競技北海道予選室蘭支部予選は2日目の22日、苫小牧市緑ヶ丘公園サッカー場で2回戦8試合が行われた。大谷室蘭、伊達緑丘、室清水、室...

十勝毎日新聞

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定【帯広】

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定...

十勝毎日新聞

おっかなびっくり乳搾り 児童が農業体験【幕別】

 幕別町主催の「農業体験塾」が18日、町南勢の田村牧場(田村寛興代表)などで開かれ、小学生が搾乳体験や子牛との触れ合いを楽しんだ。  町の基幹産業である農業を身近に感じ、農業と食料の関わりに...