北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アイスホッケー日本製紙廃部 十勝でも指導【十勝】

 今季限りで廃部となる、アイスホッケーアジアリーグに所属する日本製紙クレインズ(釧路)のチーム存続に向けた署名が、10日で5万筆を超えたことが分かった。ファン有志が立ち上げた「氷都くしろにクレインズ存続を願う会」(寺山博道代表)が1月に活動を始め、わずか2カ月余りで多くの賛同が集まった。十勝管内でも多くの署名があり、関係者は17日の署名活動終了に向け、さらに力を入れている。

ホッケークリニックで十勝の子どもたちを指導するクレインズの選手ら(2016年、帯広の森アイスアリーナ)

 全国で活動するファンからの郵送分などがまだ届いていないことから、同会はさらに総数は増えると予測している。集まった署名は28日、釧路商工会議所(栗林定正会頭)に請願書と共に提出する。

 同会はチーム存続に向けた活動を「69年間、釧路とともに歩んできたクレインズが存続し、釧路のファンはもちろん、同じくホームチームとして捉えている十勝のファンの夢や希望や憧れであり続けるため」と位置付ける。クラブチームとして存続するには課題が山積するが、「十勝の企業のサポートも含め、道東一丸で支える体制づくりと、しっかりとした運営組織の確保が急務」と捉える。

 署名活動は年明けから始まり、十勝でもちびっこアイスホッケー幕別大会の会場(幕別中グラウンド)で児童の保護者らに呼び掛けるなど続けてきた。会を立ち上げた一人で副代表の宇野和哉さん(幕別)は「身近に憧れの選手がいて間近でプレーを見ることは、子どもたちにとって、夢を実現するための手本や目標になる。“オリンピアンの町”を掲げる幕別町が良い例」と話す。

 クレインズのメンバーは釧路市内の小学校で親善大使を務めるなど、地域に密着。十勝でもアイスホッケークリニックや少年団などでスタッフや選手が指導しており、宇野さんは「十勝の子どもたちが、今後もチームとつながりを持っていけるようにとの思いもある」としている。  同会は署名活動終了後も存続のための活動を継続していく。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...