北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

タンチョウ45羽増 越冬数拡大、91羽確認 道の調査【十勝】

十勝に生息するタンチョウ。今回の調査結果では45羽増え、91羽の越冬が確認された

 道は、特別天然記念物タンチョウの今年度第2回越冬分布調査の結果を公表した。道内の野生個体数は993羽と前年度より109羽減少。十勝管内は45羽増の91羽だった。また、1900年以降で初めて空知管内で越冬を確認した。

 道は毎年12月上旬と1月下旬の計2回、調査を実施。今回は全道239カ所(十勝46カ所)で行った。定時調査(1月25日午後3時)で確認した野生個体は993羽だったが、地元関係者が定時調査日の午前に確認した個体数を加えた参考記録は、前年度比257羽増の1359羽で過去最多となった。

 定時調査時の個体数が少なかったのは、給餌場の餌の量削減によるタンチョウの行動様式変化が主な要因。

 タンチョウは釧路と十勝、根室、日高、空知の5振興局管内で確認された。参考記録で見ると、振興局別の分布割合は釧路92.3%、十勝6.7%、根室0.7%、日高0.2%、空知0.1%。直近5年間の平均と比べ釧路は3.3ポイント低く、釧路管内への集中度低下傾向がうかがえる。十勝では大樹66羽、幕別15羽が確認されるなど、十勝・根室管内の集中度が増している。

 タンチョウの生態に詳しい専修大北海道短期大学の正富宏之名誉教授は「農家敷地内で目撃された割合がこれまでより高くなった。人間活動領域への侵入、依存が増大している可能性がある」と分析している。

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...