北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

タンチョウ45羽増 越冬数拡大、91羽確認 道の調査【十勝】

十勝に生息するタンチョウ。今回の調査結果では45羽増え、91羽の越冬が確認された

 道は、特別天然記念物タンチョウの今年度第2回越冬分布調査の結果を公表した。道内の野生個体数は993羽と前年度より109羽減少。十勝管内は45羽増の91羽だった。また、1900年以降で初めて空知管内で越冬を確認した。

 道は毎年12月上旬と1月下旬の計2回、調査を実施。今回は全道239カ所(十勝46カ所)で行った。定時調査(1月25日午後3時)で確認した野生個体は993羽だったが、地元関係者が定時調査日の午前に確認した個体数を加えた参考記録は、前年度比257羽増の1359羽で過去最多となった。

 定時調査時の個体数が少なかったのは、給餌場の餌の量削減によるタンチョウの行動様式変化が主な要因。

 タンチョウは釧路と十勝、根室、日高、空知の5振興局管内で確認された。参考記録で見ると、振興局別の分布割合は釧路92.3%、十勝6.7%、根室0.7%、日高0.2%、空知0.1%。直近5年間の平均と比べ釧路は3.3ポイント低く、釧路管内への集中度低下傾向がうかがえる。十勝では大樹66羽、幕別15羽が確認されるなど、十勝・根室管内の集中度が増している。

 タンチョウの生態に詳しい専修大北海道短期大学の正富宏之名誉教授は「農家敷地内で目撃された割合がこれまでより高くなった。人間活動領域への侵入、依存が増大している可能性がある」と分析している。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...