北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

江差の姥神大神宮渡御祭、道無形民俗文化財に指定へ【江差】

道の無形民俗文化財に指定されることになった「姥神大神宮渡御祭」(昨年8月)

道教委は13日に開いた教育委員会会議で、江差町で毎年8月に行われる姥神大神宮渡御祭(うばがみだいじんぐうとぎょさい)を、道無形民俗文化財(風俗慣習)に指定することを決めた。19日の道教委公報に告示される。無形民俗文化財としては7件目で、風俗慣習としては初の指定となる。

 同渡御祭は、370年余り続く道内最古ともされる祭礼で、3日間にわたり大神宮のみこしに13台の山車行列が付き従い、地域の守り神に大漁や安全、繁栄などを願う。2001年に第1回北海道遺産に認定。16年には町無形民俗文化財に指定されている。

 毎年祭りの時期には地元を離れた多くの町民が帰省するとともに、全国各地から観光客が訪れ、町内最大のイベントとしてにぎわいを見せている。

 照井誉之介江差町長は「念願だった道の指定が決まり、大変うれしい。町として伝統ある祭りをしっかりと継承するとともに、江差の魅力を対外的にアピールし、地域活性化につなげたい」と意欲を見せている。

 姥神大神宮祭典協賛実行委員会の打越東亜夫会長は「少子高齢化の影響で祭りを担う人材の不足が心配される中、道の指定といううれしいニュースが活気を取り戻すきっかけになってほしい。これからも町民一丸となって祭りを伝承していきたい」と話している。 

 江差町内ではこれまで「江差沖揚音頭」「五勝手鹿子舞」「江差追分」「江差三下り」「江差餅つき囃子」の5件が道無形民俗文化財に指定されている。

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...