北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

林業担い手確保推進、胆振東部地域協が発足【苫小牧】

林業担い手確保について話し合った協議会

 後継者不足が深刻化している林業従事者を確保するため、行政と林業、教育関係機関が連携した「胆振東部地域担い手確保推進協議会」が19日設立された。協議会では高校生を対象にした就労相談会や雇用環境の改善を図るなどの対策を進めながら、新規就業者の確保・育成に力を入れる考えだ。

 東胆振地域は総面積の約7割に当たる約16万ヘクタールが森林となっている。胆振総合振興局によると、林業就農者は2003年(平成15年)が254人、15年(27年)は258人のほぼ横ばいで推移。60歳以上の造林常用労働者は約5割を占めており、「作業環境が厳しく重労働でもあり高齢化が進んでいる」(同振興局)のが実態だ。

 このため、道は昨年度から空知、渡島、十勝など5地域で次々に協議会を立ち上げ、新規就業者の確保に当たっている。本年度は日高、釧路など6地域に設置を予定しており、胆振東部地域は9番目。苫小牧市文化交流センターで開いた会議には、苫小牧市、白老町、厚真町、安平町、むかわ町の市町村、胆振教育局、林業事業者、苫小牧広域森林組合などから約40人が出席した。

 会議では協議会を設立した後、担い手の育成・確保について具体的な対策を協議した。若年労働者の参入を促進するため、インターンシップでの高校生の受け入れ、小中学生を対象にした工場見学を実施する。このほか、今年10月にはむかわ町で間伐や保育技術についての「山づくり講座」を開き、来年2月には高校2年生を対象に「じもと×しごと発見フェア」を開くことなどを決めた。

 同協議会の会長・苫小牧広域森林組合、小坂利政代表理事組合長は「造林などは人手不足となっており、さまざまな課題を解決して人材の確保につなげていきたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

旬のウニに約4千500人【様似】

【様似】前浜の春ウニを味わう「第10回さまにウニまつり」が19日、本町3の国道沿いエンルム海岸特設会場で開かれた。晴天の行楽日和のもと、町内外から約4500人が訪れ、採れたての新鮮ウニや魚介類を網...

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴...

苫小牧民報

安平のSL、日本遺産に 北海道の「炭鉄港」認定で

 文化庁が20日付で発表した、各地の文化財に物語性を持たせて観光振興などにつなげる「日本遺産」。今年度は安平町など12市町で組織する北海道の「炭鉄港」(たんてつこう)を軸にした「本邦国策を北海道...

苫小牧民報

「ララ」です。会いに来てね 赤ちゃんラマの名前決まる-えこりん村

 恵庭市牧場のテーマパーク「えこりん村」は19日、4月に同村にやって来た赤ちゃんラマの名前を人気投票で「ララ」に決定した。担当の飼育員は「他の動物と仲良くしながら元気に成長してほしい」と話してい...

苫小牧民報

駒大苫高、女子硬式野球部を創設 全国制覇目指し、環境も整備

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、同校で記者会見を開き、2020年4月に女子硬式野球部を創設すると発表した。道内では札幌新陽高校に次ぎ2校目の女子野球部となる。笹嶋校長は「やるなら上を目...