北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

松の湯に北海道警が感謝状 胆振東部地震で来道の警官に銭湯無料開放【苫小牧】

神奈川県警から届いた色紙を手に警察官とのエピソードを語る伊藤夫妻

 昨年9月6日の胆振東部地震の応援部隊で道外から駆け付けた警察官に銭湯を無料開放したとして、苫小牧市浜町の銭湯「松の湯」が、道警本部交通部長から感謝状を授与されることになった。同湯を経営する伊藤俊勝さん(67)と千恵子さん(68)夫妻は「風呂屋として役に立てて光栄」と喜ぶ。

 同湯は地震発生翌日の同月7日に営業を再開。開店直後から、多くの若い男性が短時間だけ入浴し、出ていくことを不思議に思った千恵子さんが話し掛け、事情を聞くと、被災地支援のために来道している東北地方や関東地方の特別交通部隊の警察官だと知った。同湯付近の公共施設に宿泊していたが、入浴設備がなかったため最寄りの銭湯である同湯を利用していたと分かった。

 すぐに同日から警察官を無料招待することを決め、多い日には約80人が利用。定休日だった同月11日も少しでもゆっくり漬かってもらおうと、同月14日まで8日間連続で、男女の浴場両方を特別に開放した。

 同湯は1940年創業。2011年の東日本大震災の際には、宮城県気仙沼市からの避難者を無料招待した経験も持つ。

 伊藤夫妻は「東日本大震災の時も今回も、何かできることはないかという思いだった」と振り返る。 

 無料招待を受けた神奈川県警第1、第2機動隊と同県警危機管理対策課からは、隊員らの感謝の言葉がつづられた色紙が同湯に送られてきた。色紙には「疲れた体が癒やされました」「今まで入った中で一番のお風呂でした」などの言葉が並んでいる。

 感謝状の授与式は18日、苫小牧署で行われる。伊藤夫妻は「『また旅行で来ます』と言ってくれた隊員たちの言葉が忘れられない。被災地のために働いてくれたことに改めて感謝したい」と話している。

関連記事

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...

室蘭民報

絵鞆町会の親子ふれあい農園のクロユリが見頃【室蘭】

 室蘭・絵鞆町会の「親子ふれあい農園」で育てられているクロユリが見頃を迎えた。室優平緑化部長(78)は「プランターの方は満開。庭も近日中に満開になるよ」と語る。この日室蘭市の最高気温は7月中旬並...

室蘭民報

サッカー室蘭支部予選、大谷室蘭など3回戦へ【苫小牧】

 第72回北海道高校サッカー選手権室蘭支部予選兼全国高校総体サッカー競技北海道予選室蘭支部予選は2日目の22日、苫小牧市緑ヶ丘公園サッカー場で2回戦8試合が行われた。大谷室蘭、伊達緑丘、室清水、室...

十勝毎日新聞

フードバレーとかちマラソン 周回コース正式決定【帯広】

 「2019フードバレーとかちマラソン」の第2回大会実行委員会が22日、帯広市役所で開かれ、ハーフ(21.0975キロ)のコースを従来の往復から、市内を周回するコースに変更することを正式決定...

十勝毎日新聞

おっかなびっくり乳搾り 児童が農業体験【幕別】

 幕別町主催の「農業体験塾」が18日、町南勢の田村牧場(田村寛興代表)などで開かれ、小学生が搾乳体験や子牛との触れ合いを楽しんだ。  町の基幹産業である農業を身近に感じ、農業と食料の関わりに...