北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

フィリピンへのリコーダー400本 西高生が洗浄協力【函館】

リコーダーを洗浄する生徒たち

 フィリピン・パラワン島エルニド村の小学校に寄贈するための中古リコーダーを集めていた「エルニドリコーダープロジェクト」に400本もの善意が寄せられた。15日には函館西高校(佐藤裕之校長)の生徒有志が協力して洗浄作業を実施。乾燥後に梱包して、近く、現地に送られる。

 同プロジェクトの呼び掛け人は、ヒュークリエイト(日吉町2)代表の佐々木浩平さん(39)。昨年の社員旅行で同村を訪れ、現地でダイビングショップを経営する大塚義之さんが楽器を贈る取り組みをしていることに共感。市教委などの協力もあって、昨年11月に市内全中学校に回収箱を設置した。同12月までに各校回収分のほか、郵送でも寄せられ、市内の教材会社からは新品100本の寄付もあった。

 一方、西高では「NIE」(教育に新聞を)の一環として1年生の国語の時間に新聞記事を活用する授業があり、生徒が同プロジェクトを紹介した記事を活用し、関心が広がっていたという。佐々木さんの母校ということもあって設置した回収箱には約40本が集まり、洗浄ボランティアの協力も実現した。

 作業には、ボランティア委員会や図書委員会の有志約20人が参加。ほとんどがソプラノ、アルトリコーダーだったが、中には一回り大きいテノールリコーダーも数本あった。著しい汚れや破損は少なく、生徒らは分担して手際よくリコーダーの内外を洗っていた。

 2年生でボランティア委員会の山﨑優委員長(17)は「使わなくなったものがこうして善意で回っていくようですごいなと思う。頑張って洗います」と話していた。

 佐々木さんは「思った以上に反応があった。捨ててしまうとごみになってしまうが、集めることで活用してもらえる。これからも活動の知名度を上げて続けていきたい」と話していた。今後、リコーダー用の楽譜と合わせて送る予定で、現地での活用状況はSNSなどを通じて報告する。

関連記事

室蘭民報

救急救命士・朽木さんが気管挿管認定【伊達】

 西胆振行政事務組合伊達消防署の警防課救急係に所属する救急救命士・朽木麻里奈さん(28)が、傷病者の気道に管を挿入し、呼吸を管理する医療行為ができる「気管挿管」の認定を受けた。胆振管内の女性隊...

室蘭民報

「カヌー好き増えて」…首藤さんがB&Gに寄贈【室蘭】

 室蘭のカヌー愛好家、首藤光宏さん(71)が、室蘭市B&G海洋センターにカヌーを寄贈した。B&Gは、親子連れや大人向けの教室を毎年開催するなどカヌーの普及に注力。首藤さんは「これを機に室蘭でも...

室蘭民報

室蘭市が「浜焼き」など19年度に実証実験【室蘭】

 「食」「アクティビティ(体験)」「特産品・お土産」の観点から既存の観光資源を組み合わせ地域活性化を図る、道の「稼ぐ観光」具体化実践モデル事業の第2回検討会議が19日、室蘭市役所で開かれ、事務...

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...