北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

だて歴史文化ミュージアムが来月オープンへお披露目【伊達】

企画展示室で展示品に見入る参加者たち

博物館2階の常設展示室で説明を受ける参加者たち

「だて歴史の杜総合公園内」に完成したミュージアム

 4月3日のオープンを予定する「だて歴史文化ミュージアム」の内覧会が15日、伊達市梅本町の同ミュージアムであった。関係者が新たに完成した博物館の高機能の展示設備に理解を深め、縄文からアイヌ文化、武家文化が融合した新しい歴史と文化の発信拠点の完成を喜んだ。

 ミュージアムは、カルチャーセンター、総合体育館、食育センターなどの施設が集中する「だて歴史の杜総合公園」内に建つ。新たに完成した博物館と、宮尾登美子文学記念館を改修した「同記念アートホール」、藍染めや刀鍛冶工房の「体験学習館」で構成する。総工費は約8億円。

 お目見えした博物館は、鉄筋コンクリート造り2階建て。延べ床面積は約1500平方メートル。2階の有料展示室は、常設と企画の展示室に分かれる。市が所有する重要文化財など貴重な資料が展示できるよう、温度湿度管理を徹底する空調設備をはじめ、エアタイト(高気密)の展示ケースを設置している。

 内覧会は2回に分け150人が参加。市教委の伊達元成学芸員(40)が案内役を務めた。参加者は、重要文化財の有珠モシリ遺跡出土の2千年前の骨角器をはじめ、19世紀のアイヌ民族の衣服、仙台藩亘理伊達家の2代目当主・伊達成実の鎧(よろい)、幕末の動向を示す文書類などに見入っていた。

 このほか、参加者は博物館1階部分で開催するフランク・シャーマンコレクションや「アートホール」を見て回った。

 菊谷秀吉市長は内覧会の冒頭あいさつで、伊達と名乗って150年を迎える今年に触れ「節目にふさわしい施設にしたい。次の時代へつなぐ役割となる施設になってほしい」と述べた。

 オープンの3日は午前9時半からセレモニーを開催する。市教委は年間3万人の来場者を見込んでいる。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...