北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

全国から「星の絵はがき」 銀河の森天文台に249点展示【陸別】

 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)が初めて企画した「星の絵はがきコンテスト」で、予想を大きく上回る249点の作品が全国から寄せられた。24日まで同館内で展示している。

全国から集まった「星の絵はがきコンテスト」の作品

 同天文台は写真展の公募(A4サイズ)を行ってきたが、はがきサイズの方が応募しやすいと考え、新たに「星の絵はがき」も募ることにした。ホームページや雑誌、全国の科学館にチラシを配布した。

 「100点も集まらないのではないか」(中島克仁技師)と予想していたが、計249点が寄せられた。本州からの応募が中心で、遠くは沖縄も。養護学校の子どもたちを含む、幅広い年齢層の思いが届けられた。

 グラデーションの入ったレースの布を張り合わせて表現したオーロラ、女の子をモチーフにしたオリジナルキャラクター、星空とともに「今、星を見上げている」とメッセージを添えたデザインなど、いずれも個性あふれる作品ばかり。

 コンテストは、展示期間中の来館者が審査する。1人3点を選んでもらい、最優秀1人、優秀賞4人を決める。優秀作品には陸別町の特産品の詰め合わせが贈られる。

 天文台の中島克仁技師は「予想を超える応募に驚くとともにうれしい気持ち。プロさながらの素晴らしいデザインもあり、ぜひ見に来てほしい」と話す。開館時間は午後1時~同9時半。月・火曜は休館日。問い合わせは同天文台(0156・27・8100)へ。

関連記事

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くな...

室蘭民報

油彩や水彩、秀逸な作品…美術協会新人展始まる【室蘭】

 第37回室蘭美術協会新人展が14日から、室蘭市幸町の市民美術館で始まった。同協会会員になって3年目以内の新人と、昨年の第83回公募展受賞者たちの個性あふれる油彩や水彩、日本画、アクリル画が並...

室蘭民報

フルート・篠笛奏者で室蘭市出身の宮川さんが16日にライブ【室蘭】

 室蘭市出身のフルート・篠笛奏者の宮川悦子さん=埼玉県草加市=の投げ銭ライブが、あす16日午前11時から室蘭市中央町2の蘭西ギャラリーで開かれる。20本以上の笛を所有し、クラシックや民謡、ポッ...

室蘭民報

ホタテづくし北の収穫祭、釣り大会白熱【豊浦】

 第17回まるごと豊浦「北の収穫祭」(同実行委員会主催)が10日、豊浦町浜町のふるさとドームで開かれた。世界ホタテ釣り選手権大会をはじめ、特産品のホタテづくしのイベントで盛り上がった。  ...

十勝毎日新聞

活躍馬と騎手に「一票を」 ばんえい投票、プレゼントも【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)は、今年度に活躍した競走馬、生産者、騎手、調教師を表彰する「ばんえいアワード2018」を実施している。4部門のうち、競走馬を選ぶ「ベストホース」、騎手を選ぶ「ベストジョ...