北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

高木姉妹 故郷で笑顔 特産品プレゼントも【幕別】

飯田町長と懇談し、世界記録を達成したW杯のレースなどを穏やかな表情で振り返る高木美帆選手(右)と姉の菜那選手

 昨季行われたスピードスケートの平昌冬季五輪の女子団体追い抜き(チームパシュート)で金メダルを獲得した幕別町出身の高木菜那選手(26)=日本電産サンキョー-帯南商高出=と、妹の美帆選手(24)=日体大助手-日体大、同高出=が帰町し、15日午後5時から、札内コミュニティプラザで町の特産品贈呈式に臨んだ。飯田晴義町長からマンガリッツァ豚の詰め合わせを受け取り笑顔を見せるとともに、今季のレースを振り返った。

 町は昨季の平昌冬季五輪で姉妹の活躍を受け、昨年4月から毎月、グリーンアスパラやソーセージ、ユリ根など特産品を贈呈。今回が最後となった。

 菜那選手はワールドカップ(W杯)帯広大会など2大会でマススタートを制し、金メダリストの貫禄を見せた。「(右膝の)けがは昨シーズンよりよくなった」と体への不安は軽減。ただ、1500メートルの8位が最高順位だった個人種目に関し、「もう少し上の順位を取りたかった。1500メートルと3000メートル(が主戦場)だが、もう少し長い距離も強くならないといけない」と意欲を見せた。

 美帆選手は連戦となった世界スプリント、世界選手権共に2位と表彰台に立ち、10日に実施されたW杯最終戦のソルトレークシティー大会の1500メートルで、1分49秒83の世界新記録で優勝。女子選手として初めて1分50秒を切った。「レース中の記憶はなく、特に後半は(コーナリングなど)どこを滑ったかは覚えていない」と振り返った。

 二人は飯田町長から「しっかりとリフレッシュして次のシーズンに臨んでほしい」と激励を受けていた。

関連記事

根室新聞

震災建築物の危険度判定を容易に―青年建築士がマニュアル作成【根室】

 根室市内の建築士で作る一般社団法人北海道建築士会根室支部青年委員会(海老名秀貴委員長)は、地震発生時に専門的な知識がなくても施設の安全点検ができる「だれでもわかる震災建築物の簡易危険度判定マ...

根室新聞

24日「別院寄席」地元出身の三遊亭金八さんプロデュース【根室】

 根室出身の落語家・三遊亭金八さんがプロデュースする第17回別院寄席「歌でつづる戦後歌謡史2019」=ポスター写真=が24日、真宗大谷派根室別院会館で開かれる。今年は「歌まね」で史上初めて文化庁芸術祭優秀...

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比...

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態...

日高報知新聞

管内7校で388人が合格

 18日は道内公立高校の合格発表日。日高管内でも午前10時に全日制6校、定時制1校で一斉に合格発表が行われ、全日制381人と定時制7人の計388人(前年421人)が合格の栄冠を勝ち取った。  各...