北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

元浦川で道初の公募伐採開始【浦河】

 浦河町東栄の元浦川流域で15日、道の取り組みとして初めてとなる河道内の「公募伐採」が始まった。2月に日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会、王子木材緑化の3者が締結した林地未利用材等の利用促進に向けた協定による具体的な関連事業で、ひだか南森林組合(本所・様似町)が伐採し、同組合が生産する電力発電用の木質バイオマスチップとして試験利用する。

 3者は河道内や河畔の樹木、林地の未利用間伐材などの効果的な伐採や搬出、加工、流通のコスト低減などを検討・検証する道内初の官民協定を結んでいる。

 河道内や湖畔に繁茂する樹木は、洪水時に流木となり河川や海に流れ込み、水産資源被害などの原因にもなっているが、これまで道の管理河川では伐採木の利用が見込まれないため、廃棄費用をかけて処理してきた。

 今回の公募伐採は、河川の樹木伐採の代行を無償で許可し、代行伐採事業者が伐採木を利活用し、流木被害も軽減するモデル事業。前例がないため、道の経費負担なしに伐採木の有効活用事業が成り立つのか検証する予定だ。

 伐採地は国道に架かる荻伏大橋近くの上流部左岸付近。伐採面積は約1㌶(9989・6平方㍍)で、伐採量は149・9立方㍍を想定。伐採の樹種は10~12㍍に育った幹が細いヤナギで、6月6日までを予定している。

 担当の日高振興局森林室によると、伐採を前に周辺住民に事業の趣旨を説明し了解を得ているほか、大型野鳥などが樹上で休めるよう、太めの木はある程度残すという。

 ひだか南森林組合では「伐採した木はすべてチップにし、王子木材緑化が引き受ける予定。伐採機械や運搬の費用が伐採木だけで賄えるのか検証したい」と話している。

元浦川の伐採現場に立ち会う振興局と森林組合の担当者

関連記事

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...

十勝毎日新聞

フノリ漁スタート 丁寧な手摘みで良質【広尾】

 フノリ漁が23日、広尾町内の国道336号沿いの海岸で始まった。漁業者が岩場に付着しているフノリを丁寧に摘み取っている。  フノリはみそ汁や酢の物の具として食べられる海藻。例年、干潮時を見計ら...

十勝毎日新聞

酒井さんらに栄誉 十勝文化賞授賞式【帯広】

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)による「第33回十勝文化賞」の授賞式が23日午前11時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。  十勝文化賞に選ばれた帯広カムイトウウポポ保存会の会長酒井奈...