北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

元浦川で道初の公募伐採開始【浦河】

 浦河町東栄の元浦川流域で15日、道の取り組みとして初めてとなる河道内の「公募伐採」が始まった。2月に日高振興局と日高地域木質バイオマス資源利用推進協議会、王子木材緑化の3者が締結した林地未利用材等の利用促進に向けた協定による具体的な関連事業で、ひだか南森林組合(本所・様似町)が伐採し、同組合が生産する電力発電用の木質バイオマスチップとして試験利用する。

 3者は河道内や河畔の樹木、林地の未利用間伐材などの効果的な伐採や搬出、加工、流通のコスト低減などを検討・検証する道内初の官民協定を結んでいる。

 河道内や湖畔に繁茂する樹木は、洪水時に流木となり河川や海に流れ込み、水産資源被害などの原因にもなっているが、これまで道の管理河川では伐採木の利用が見込まれないため、廃棄費用をかけて処理してきた。

 今回の公募伐採は、河川の樹木伐採の代行を無償で許可し、代行伐採事業者が伐採木を利活用し、流木被害も軽減するモデル事業。前例がないため、道の経費負担なしに伐採木の有効活用事業が成り立つのか検証する予定だ。

 伐採地は国道に架かる荻伏大橋近くの上流部左岸付近。伐採面積は約1㌶(9989・6平方㍍)で、伐採量は149・9立方㍍を想定。伐採の樹種は10~12㍍に育った幹が細いヤナギで、6月6日までを予定している。

 担当の日高振興局森林室によると、伐採を前に周辺住民に事業の趣旨を説明し了解を得ているほか、大型野鳥などが樹上で休めるよう、太めの木はある程度残すという。

 ひだか南森林組合では「伐採した木はすべてチップにし、王子木材緑化が引き受ける予定。伐採機械や運搬の費用が伐採木だけで賄えるのか検証したい」と話している。

元浦川の伐採現場に立ち会う振興局と森林組合の担当者

関連記事

日高報知新聞

ミスシンザ ンを募集【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委は、7月27、28日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催の「第34回シンザンフェスティバル」に花を添えるミスシンザン2人を6月19日まで募集する。  応募資格...

日高報知新聞

馬上結婚式のカップル【浦河】

 浦河町のシンザンフェスティバル実行委員会(中島雅春実行委員長)は、7月27日に西舎のJRA日高育成牧場内特設会場で開催する「第34回シンザンフェスティバル」のサラブレッド馬上結婚式のカップル2組...

苫小牧民報

右肩に人工関節入れ、手術後も弓道に励む 苫小牧の山内もとさん(85)

 昨年1月、右肩に人工関節を入れる手術を受けた後も、37年間打ち込んできた弓道に励み、11月に札幌市で開かれる全道大会への出場を目指す女性がいる。苫小牧市木場町の山内もとさん(85)。全日本弓道...

苫小牧民報

かつての高校球児ら青春再び マスターズ甲子園OB定期戦

 高校野球のOBらでつくるマスターズ甲子園北海道・道央支部主催のOB定期戦が19日、苫小牧駒大グラウンドで開かれた。苫小牧市内の高校出身者を中心に10~60代の元高校球児ら20人以上が集まって交...

室蘭民報

音楽劇「カイ」が26日公演の本番前に全員で稽古【登別】

 室蘭VOX主催の北加伊道物語音楽劇「カイ」が26日午後4時半から、登別市富士町の市民会館大ホールで開かれる。出演する北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんと竹森巧さん、室蘭、登...