北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「初めての海外旅行」【新ひだか】

出発を前に記念撮影の訪問団。後列右は本庄副町長

【新ひだか】22日から4月1日まで9泊11日の日程で、町内中高生と引率者13人が町と国際姉妹都市提携している米国ケンタッキー州・レキシントン市を友好親善訪問する。15日には町役場静内庁舎で出発式が行われた。

 馬産地という共通点があるレ市とは、旧静内町時代の昭和63年から姉妹提携して以来、親善訪問団の派遣や同市からの訪問団受け入れで相互交流を深めている。レ市への中高生の訪問団派遣は平成2年から実施し、今回で27回目となる。

 今回の訪問団は、静内中3人、静内第三中3人、三石中1人、静内高2人、静内農業高1人と、引率者として町職員の森崎忍さん(44)と鵜木愛理さん(27)が参加。語学サポートとして語学連携している北星学園大文学部英文科2年の高橋南多さんも参加する。

 一行は、22日午後2時に役場静内庁舎を出発し、空路で23日にレ市に到着。同日から27日までホームステイ先のホストファミリーと交流を深めながら現地の様子を学び、28日にレ市を離れ、29日からロサンゼルス市内研修、30日に同市のユニバーサルスタジオ研修、31日に出国し、4月1日夜に帰町予定。

 出発式には全員が出席し、町姉妹都市交流委員会長の本庄康浩副町長に一人ずつ「自分の英語がどれだけ向こうの人たちに通用するのかと、ネイティブの人たちが使っている英語の表現を吸収したい」、「異国の文化を体験して、これからの人生の価値観を変えていきたい」などと抱負を述べた。

 静内ロータリークラブ枠で参加する村田凜さん(静内中3年)は「初めての海外旅行でとても緊張していますが、いろいろな方々と会話をしてきたいと思います。そして、アメリカの文化をいっぱい知りたいと思っています」と話していた。

 一行を代表して団長の森崎さんは「訪問団の保護者が、過去にこの事業に参加したことがきっかけとなり、その子どもたちが訪問するなど世代をまたいだ事業になっている。11日間の旅の中で、子どもたちがより多くのことを吸収できるように頑張りたい」と決意を述べた。

 本庄副町長は「中高生のうちに海外に出て、10日くらい滞在期間があることはなかなか経験できないこと。皆さんが思った通りやってみたら良いと思う。元気に帰ってくることを当面の目標にして」と激励した。

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...