北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

展望室でアザラシを観察する参加者たち

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態や近年の漁業被害を学びながら、漁業との共存について学習した。

 午前中は館内シアターで、中岡利泰町郷土資料館長と環境省えりも自然保護官事務所の熊谷文絵アクティブレンジャーが「ゼニガタアザラシのお話」で講話。

 中岡館長は、襟裳岬のゼニガタアザラシの生態を述べながら、過去に食料や毛皮採取で捕獲されて150頭ほどに激減したことで、地域では研究者、帯広畜産大学生らと「海獣懇話会」を立ち上げ、さらに畜大の「ゼニ研」、地元漁師らの「えりもシールクラブ」が保護対策に乗り出し、国もレッドリストの危惧種に指定して頭数の回復経緯などを説明。

 熊谷さんは、ゼニガタアザラシの生息数が増加したことにより、サケ定置網での被害が顕著になり、その軽減対策に定置網の改良工夫と、地元漁業者と協議しながらゼニガタアザラシの捕獲頭数を決めて、漁業との共存に取り組んでいる調査研究の経過を説明した。

 その後は、同館展望室から襟裳岬突端の岩場に上陸中のアザラシを望遠鏡で眺望して、子どもたちは「見えた!」「いた!」と興奮気味。午後からは、屋外展望台や、さらに春の陽気に誘われて襟裳岬突端へも足を運ぶグループ、展示室でアザラシの折り紙工作グループとそれぞれに過ごし、さらにシアターで映画「アザラシの棲む岬」を観賞。

 日高町富川からお母さんと弟の3人で参加した森永悠太君(富川小2年)は「襟裳岬には初めて来ました。景色が素晴らしいし、アザラシも望遠鏡で見れてよかったです」とうれしそうに話していた。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...