北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

漁業とアザラシの共存を【えりも】

展望室でアザラシを観察する参加者たち

【えりも】日高振興局は17日、日高山脈襟裳国定公園の観光拠点、襟裳岬・風の館で「親子で考えよう!ゼニガタアザラシ学習観察会」を開き、管内7町から親子44人が参加した。岬に棲むゼニガタアザラシの生態や近年の漁業被害を学びながら、漁業との共存について学習した。

 午前中は館内シアターで、中岡利泰町郷土資料館長と環境省えりも自然保護官事務所の熊谷文絵アクティブレンジャーが「ゼニガタアザラシのお話」で講話。

 中岡館長は、襟裳岬のゼニガタアザラシの生態を述べながら、過去に食料や毛皮採取で捕獲されて150頭ほどに激減したことで、地域では研究者、帯広畜産大学生らと「海獣懇話会」を立ち上げ、さらに畜大の「ゼニ研」、地元漁師らの「えりもシールクラブ」が保護対策に乗り出し、国もレッドリストの危惧種に指定して頭数の回復経緯などを説明。

 熊谷さんは、ゼニガタアザラシの生息数が増加したことにより、サケ定置網での被害が顕著になり、その軽減対策に定置網の改良工夫と、地元漁業者と協議しながらゼニガタアザラシの捕獲頭数を決めて、漁業との共存に取り組んでいる調査研究の経過を説明した。

 その後は、同館展望室から襟裳岬突端の岩場に上陸中のアザラシを望遠鏡で眺望して、子どもたちは「見えた!」「いた!」と興奮気味。午後からは、屋外展望台や、さらに春の陽気に誘われて襟裳岬突端へも足を運ぶグループ、展示室でアザラシの折り紙工作グループとそれぞれに過ごし、さらにシアターで映画「アザラシの棲む岬」を観賞。

 日高町富川からお母さんと弟の3人で参加した森永悠太君(富川小2年)は「襟裳岬には初めて来ました。景色が素晴らしいし、アザラシも望遠鏡で見れてよかったです」とうれしそうに話していた。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...