北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

6年連続で貨物取扱1億トンを突破した苫小牧港

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比は1・8%(192万2331トン)減となった。集計した苫小牧港管理組合の担当者は「震災でコンテナ貨物の荷役が一時停止したが、早期再開で物流停滞を最小限に抑えることができた」としている。

 全体の8割以上を占める内国貿易は0・6%減の8989万4977トン、外国貿易は7・3%減の1754万9301トンとなった。

 諸外国との取引を示す輸出入動向を見ると、輸出は5・8%増の128万2057トンと堅調だったが、輸入は8・2%減の1626万7244トンと落ち込んだ。

 輸出は、取り扱い量が最も多い「紙・パルプ」(11・3%増)や「金属くず」(16・3%増)が好調に推移。中国向け冷凍ホタテの需要が伸びたことで「水産品」(71・9%増)が大幅増となった。

 輸入は「石炭」(1・2%増)や「その他の石油」(239・4%増)など伸びた品目もあったが、全体の3割強を占める「原油」(23・5%減)の大きな落ち込みが響いた。

 一方、国内動向を見ると、苫小牧港から国内他港に貨物を運ぶ移出は4454万4054トンで1・0%減。「石炭」は約6・8倍、「原油」も5倍増となったものの、全体の6割以上を占める「完成自動車」(0・5%減)や「その他輸送機器」(10・8%減)などの減少が影響した。

 国内他港から苫小牧港に貨物を運び込む移入は0・2%減の4535万923トン。「その他石油」(16・7%減)、「その他輸送機器」(5・0%減)など減少品目が目立ったが、主力の「完成自動車」(0・1%増)や「原油」(75・2%増)の増加で減少幅を抑えた。

 同組合によると、18年の貨物取り扱いは昨年春から好調に推移し、一時は1億1000万トン台も期待された。しかし、胆振東部地震が発生した昨年9月は単月で大幅に減少。その後の影響が長引くことが懸念されたが、10月以降は平年並みに回復し、6年連続の”億トン港”を達成した。

関連記事

根室新聞

N2W代表最後のデザインTシャツ収益で 子どもたちにマスク【根室】

 根室のアマチュアプロレス団体「新根室プロレス」のオッサンタイガー本部長ら6人が24日、市役所を訪問し、昨年亡くなったサムソン宮本代表が生前最後にデザインしたTシャツの販売収益で購入した子ども...

根室新聞

納沙布岬のトイレ供用開始 2年計画で改修 内装工事終了【根室】

 老朽化から改修工事を行っていた納沙布岬の公衆トイレの今年度分の内装工事が完了し、19日から供用開始になった。来年度は外装工事を予定し、市内最大の観光地である納沙布岬の魅力アップを図る。  納沙...

苫小牧民報

鵡川高、注目度アップ 運営委員会が成果報告 高校魅力化コンソーシアム

 むかわ町や鵡川高校、関連団体でつくる「高校魅力化コンソーシアム」(会長、渋谷昌彦副町長)の第3回運営委員会が25日に開かれ、今年度の取り組みの成果を報告した。  同校では、今年度から座学と企業...

日高報知新聞

合同演奏ユーチューブでも配信【新冠】

【新冠】「レ・コード館ジュニアジャズバンド(RJB)」と新冠軽音楽愛好会「ブルーホース」が20日、レ・コード館町民ホールでユーチューブによる同時配信でジョイントコンサートを開催した。  この日は、...

日高報知新聞

新規就農者支援に100万円【新ひだか】

【新ひだか】物流・運送業のシズナイロゴス(本社・札幌市白石区、伊藤功一郎社長)は24日、役場静内庁舎を訪れ、新規就農者に初年度100万円を支援する「農業振興支援に関する協定」を新ひだか町と締結し、2...