北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

6年連続「億トン港」 震災の影響を最小限に

6年連続で貨物取扱1億トンを突破した苫小牧港

 苫小牧港の2018年(1~12月)の貨物取扱量が速報値ベースで1億744万4278トンとなった。03~08年の記録と並ぶ6年連続の1億トン超え。ただ、昨年9月に起きた胆振東部地震の影響で前年比は1・8%(192万2331トン)減となった。集計した苫小牧港管理組合の担当者は「震災でコンテナ貨物の荷役が一時停止したが、早期再開で物流停滞を最小限に抑えることができた」としている。

 全体の8割以上を占める内国貿易は0・6%減の8989万4977トン、外国貿易は7・3%減の1754万9301トンとなった。

 諸外国との取引を示す輸出入動向を見ると、輸出は5・8%増の128万2057トンと堅調だったが、輸入は8・2%減の1626万7244トンと落ち込んだ。

 輸出は、取り扱い量が最も多い「紙・パルプ」(11・3%増)や「金属くず」(16・3%増)が好調に推移。中国向け冷凍ホタテの需要が伸びたことで「水産品」(71・9%増)が大幅増となった。

 輸入は「石炭」(1・2%増)や「その他の石油」(239・4%増)など伸びた品目もあったが、全体の3割強を占める「原油」(23・5%減)の大きな落ち込みが響いた。

 一方、国内動向を見ると、苫小牧港から国内他港に貨物を運ぶ移出は4454万4054トンで1・0%減。「石炭」は約6・8倍、「原油」も5倍増となったものの、全体の6割以上を占める「完成自動車」(0・5%減)や「その他輸送機器」(10・8%減)などの減少が影響した。

 国内他港から苫小牧港に貨物を運び込む移入は0・2%減の4535万923トン。「その他石油」(16・7%減)、「その他輸送機器」(5・0%減)など減少品目が目立ったが、主力の「完成自動車」(0・1%増)や「原油」(75・2%増)の増加で減少幅を抑えた。

 同組合によると、18年の貨物取り扱いは昨年春から好調に推移し、一時は1億1000万トン台も期待された。しかし、胆振東部地震が発生した昨年9月は単月で大幅に減少。その後の影響が長引くことが懸念されたが、10月以降は平年並みに回復し、6年連続の”億トン港”を達成した。

関連記事

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス