北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

故野本氏の抽象画など室蘭ゆかりの画家の作品が一堂に並ぶ企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くなった野本醇氏(享年88)をはじめとする、1960年代から平成にかけて活躍した地元作家の油彩が並ぶ。

 野本氏(1930~2019年)はじめ渡邉眞利氏(1931~2018年)、熊谷善正氏(1918~87年)、浅山咲知氏(1924~2006年)、西村徳一氏(1933年~)、鎌田俳捺子氏(1923~2015年)、石塚貴羊史氏(1925~2013年)、高野次郎氏(1905~86年)の計21点が並ぶ。

 いずれも全道展会員で、室蘭の美術界をけん引し、中央画壇でも名をはせた実力者たち。工藤館長は「室蘭の美術界の最盛期に競い合い、創作に励んだ作家たちの作品が一堂に会した。それぞれが目指し、苦闘を続けた美のあり方を見ていただきたい」とPRする。

 旧文化女子大学室蘭短期大学教授を務めた野本氏は、北の風土に潜在する光、闇、陰を抽象画で表現。「重い季節」(96年、100号)「復活の季節」(97年、同)など、「アンフォルメル(非定形)の構成、浮遊した空間が神秘的」と工藤館長。来館者は一点ずつじっくり鑑賞していた。4月21日まで。入館無料。

関連記事

室蘭民報

撮りフェス実行委が輪西でシャッター試験上映【室蘭】

 撮りフェスin室蘭2019(同実行委主催)が開かれる7月6日夜、輪西町商店街で同時開催するシャッター上映会の詳細が明らかになった。プロジェクター6台を駆使し、にぎやかだった時代の輪西の歩行者天...

室蘭民報

全国ものづくりコン道予選、工業高生ら技能競う【室蘭】

 ものづくりの技能や技術の向上を目的にした、第19回高校生ものづくりコンテスト全国大会の木材加工部門北海道地区予選会が18日、室蘭市宮の森町の室蘭工業高校であった。室工をはじめ道内9校の代表生徒...

室蘭民報

クマ牧場総選挙で神セブン決まる、ベッキー頂点【登別】

 のぼりべつクマ牧場(登別市登別温泉町)が実施していた雌グマナンバーワンを決めるイベント・NKB総選挙2019の順位が確定した。上位7頭による“神セブン”を逃していた昨年8位のベッキーが、悲願の頂...

室蘭民報

ウポポイ応援でタッグ、初の浜フェス22、23日開催【白老】

 白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)と虎杖浜温泉ホテル(笠師利章社長)がタッグを組んで、民族共生象徴空間ウポポイの開設を応援する「浜フェス2019」を22、23の両日、国道36...

室蘭民報

「モルエラニの霧の中」試写会、市民ら300人魅了【室蘭】

 室蘭で撮影したご当地映画「モルエラニの霧の中」(坪川拓史監督)の特別試写会が16日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。一般向けの試写会は今回が初めてで、完成を待ちわびていた約300人が映画をじ...