北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

市民美術館で「昭和に芽生えた作風」始まる【室蘭】

故野本氏の抽象画など室蘭ゆかりの画家の作品が一堂に並ぶ企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」

 室蘭市幸町の市民美術館(工藤善蔵館長)の企画展「昭和に芽生えた多彩な作風―野本先生と同時期の作家たち」が、19日から同館で始まった。伊達市に在住した道内の抽象画家の第一人者で、今年1月に亡くなった野本醇氏(享年88)をはじめとする、1960年代から平成にかけて活躍した地元作家の油彩が並ぶ。

 野本氏(1930~2019年)はじめ渡邉眞利氏(1931~2018年)、熊谷善正氏(1918~87年)、浅山咲知氏(1924~2006年)、西村徳一氏(1933年~)、鎌田俳捺子氏(1923~2015年)、石塚貴羊史氏(1925~2013年)、高野次郎氏(1905~86年)の計21点が並ぶ。

 いずれも全道展会員で、室蘭の美術界をけん引し、中央画壇でも名をはせた実力者たち。工藤館長は「室蘭の美術界の最盛期に競い合い、創作に励んだ作家たちの作品が一堂に会した。それぞれが目指し、苦闘を続けた美のあり方を見ていただきたい」とPRする。

 旧文化女子大学室蘭短期大学教授を務めた野本氏は、北の風土に潜在する光、闇、陰を抽象画で表現。「重い季節」(96年、100号)「復活の季節」(97年、同)など、「アンフォルメル(非定形)の構成、浮遊した空間が神秘的」と工藤館長。来館者は一点ずつじっくり鑑賞していた。4月21日まで。入館無料。

関連記事

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...

室蘭民報

室蘭美術界の過去、現在を一堂に【室蘭】

 高野次郎さんや西村喜久子さん、熊谷善正さんなど室蘭の美術界に名を残した歴代の作家と、現在も活躍中の作家の20人の作品が室蘭市幸町の市民美術館で一堂に展示されている。題して「室蘭美術の過去、現在-...

室蘭民報

見せ方工夫、鉄のアート―彫刻家・坂本さんが製鉄室蘭病院で個展【室蘭】

 室蘭市宮の森町の彫刻家、坂本正太郎さんによる個展「Sakamoto Shotaro Solo Exhibition eau(オー)-己が境界【KYOUGAI】にあらざるものをば-」が31日まで...

室蘭民報

スノーボード教室や雪像展示など…2月16日に「冬まつり」開催【室蘭】

 室蘭の冬の一大イベント「第41回むろらん冬まつり」(同実行委員会主催)が2月16日、室蘭市香川町のむろらん高原だんパラスキー場特設会場で開かれる。  冬まつりは午前10時スタート。スノーボー...