北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

救急救命士・朽木さんが気管挿管認定【伊達】

胆振管内の女性隊員として初めて気管挿管の処置認定を受けた朽木さん

 西胆振行政事務組合伊達消防署の警防課救急係に所属する救急救命士・朽木麻里奈さん(28)が、傷病者の気道に管を挿入し、呼吸を管理する医療行為ができる「気管挿管」の認定を受けた。胆振管内の女性隊員では初の認定。救急現場での一層の救命率の向上と、女性隊員のさらなる活躍に期待が高まっている。

 気管挿管は、呼吸や脈拍のない心肺停止状態の傷病者に対し、気管にチューブを挿入する行為。肺に直接酸素を送り込むことで、確実に気道を確保できる効果的な処置となる。

 これまで医師のみが行える医療行為だったが、2004年(平成16年)から、医師の指示の下、認定を受けた救急救命士の処置が可能になった。朽木さんは昨年10月から室蘭市内の病院で実習。1月下旬までの72日間で、認定に必要な30症例をクリアした。

 警防課によると、同組合管内(伊達市など1市3町)で、心肺停止により救急搬送された傷病者は18年までの5年間で367件。うち気管挿管に適応した傷病者は51件になる。朽木さんは「大変難しく技術が必要だが、自信を持って処置したい」と話している。

 現在、同組合には31人の救命士がおり、朽木さんを含め30人が認定を受けている。

関連記事

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別...

苫小牧民報

6寺院を避難所に むかわ町と鵡川仏教会が災害協定

 むかわ町と町内鵡川地区の寺院でつくる「鵡川仏教会」は14日、災害時における施設利用に関する協定を結んだ。同日、静光寺(町松風)で締結式が行われ、竹中喜之町長と各寺院の関係者が協定書を交わした。 ...

日高報知新聞

オオワシの生態と価値【新ひだか】

【新ひだか】静内本町1の高田観光主催の「なぜ静内川にオオワシがくるのかその生態と価値を学ぶ」の講座は、15人が参加して座学が12日、観察会が13日に町内で開かれた。町体験・滞在型観光商品開発等支援事業。 ...

日高報知新聞

節婦で突風発生【新冠】

【新冠】14日午前8時前ごろ、町内節婦町で突風が発生し、倉庫が倒壊したり国道沿いのバス停待合室が道路の反対側まで吹き飛び全壊し、倉庫を中心に10棟ほどの被害があった。けが人などはなかった。  ...

十勝毎日新聞

コロナ収束炎に願う どんど焼き【帯広】

 帯広市内の帯廣神社(大野清徳宮司)で15日、「どんど焼き」(古神札焼納祭)が行われた。訪れた市民らが炎の中に正月飾りなどを投げ入れ、1年間の無病息災を祈った。  どんど焼きは、正月飾りなど...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス