北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を締結した。

 佐々木代表と北浜町会の橋本篤副会長は30年来の友人で、以前から電力のいらない暖房器具の提供について話し合っていた。昨年9月6日に発生した胆振東部地震で、北海道全域に大規模停電(ブラックアウト)が発生。函館も電力の枯渇に悩まされたことが決め手となり、今回の協定締結に踏み切った。

 同町会は、同震災直前の3日にも、吉川町の建設会社「松本組」と、災害時に本社社屋と社員寮を一時避難所として開放するほか備蓄品などを提供する協定を結んだ。協定が奏功し、同社は震災直後、敷地内に自家発電機を使った緊急の充電スペースを設置して住民の生活を助けた。同会が災害時協定を結ぶのは今回で2団体目となる。

 協定書には、災害時にガスや電気が止まった際、同店にあるストーブや燃料を自由に使用できることや、同町会から要望があれば、駐車場を含めた同店の敷地全てを、避難所として使えることなどが明記されている。

 同店は現在、ストーブのほか、燃料として約1カ月分の薪、1週間以上は使える量の灯油を備蓄。暖房器具のほか、アウトドア用のランタンも貸し出す。また、連絡が取れないなどの緊急時にもスムーズに店を開けられるよう、店舗の合鍵を同町会に預けた。佐々木代表は「いつ災害が起きるかわからない。いざというときには好きなように使ってください」と呼び掛ける。

 岡部会長は「昨年の地震が冬の発生だったらと思うと恐ろしい。災害が起きないに越したことはないが、地域のために心強い味方が協力してくれてありがたい」と感謝した。

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...