北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を締結した。

 佐々木代表と北浜町会の橋本篤副会長は30年来の友人で、以前から電力のいらない暖房器具の提供について話し合っていた。昨年9月6日に発生した胆振東部地震で、北海道全域に大規模停電(ブラックアウト)が発生。函館も電力の枯渇に悩まされたことが決め手となり、今回の協定締結に踏み切った。

 同町会は、同震災直前の3日にも、吉川町の建設会社「松本組」と、災害時に本社社屋と社員寮を一時避難所として開放するほか備蓄品などを提供する協定を結んだ。協定が奏功し、同社は震災直後、敷地内に自家発電機を使った緊急の充電スペースを設置して住民の生活を助けた。同会が災害時協定を結ぶのは今回で2団体目となる。

 協定書には、災害時にガスや電気が止まった際、同店にあるストーブや燃料を自由に使用できることや、同町会から要望があれば、駐車場を含めた同店の敷地全てを、避難所として使えることなどが明記されている。

 同店は現在、ストーブのほか、燃料として約1カ月分の薪、1週間以上は使える量の灯油を備蓄。暖房器具のほか、アウトドア用のランタンも貸し出す。また、連絡が取れないなどの緊急時にもスムーズに店を開けられるよう、店舗の合鍵を同町会に預けた。佐々木代表は「いつ災害が起きるかわからない。いざというときには好きなように使ってください」と呼び掛ける。

 岡部会長は「昨年の地震が冬の発生だったらと思うと恐ろしい。災害が起きないに越したことはないが、地域のために心強い味方が協力してくれてありがたい」と感謝した。

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス