北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

北浜町会とファイヤーワールドが災害時協定結ぶ【函館】

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

 北浜町会(岡部禮子会長)と、近隣の吉川町で薪ストーブの販売や点検業務を行う「ファイヤーワールド函館」(佐々木俊司代表)はこのほど、災害時に同店の暖房器具を住民に提供することなどを定めた協定を締結した。

 佐々木代表と北浜町会の橋本篤副会長は30年来の友人で、以前から電力のいらない暖房器具の提供について話し合っていた。昨年9月6日に発生した胆振東部地震で、北海道全域に大規模停電(ブラックアウト)が発生。函館も電力の枯渇に悩まされたことが決め手となり、今回の協定締結に踏み切った。

 同町会は、同震災直前の3日にも、吉川町の建設会社「松本組」と、災害時に本社社屋と社員寮を一時避難所として開放するほか備蓄品などを提供する協定を結んだ。協定が奏功し、同社は震災直後、敷地内に自家発電機を使った緊急の充電スペースを設置して住民の生活を助けた。同会が災害時協定を結ぶのは今回で2団体目となる。

 協定書には、災害時にガスや電気が止まった際、同店にあるストーブや燃料を自由に使用できることや、同町会から要望があれば、駐車場を含めた同店の敷地全てを、避難所として使えることなどが明記されている。

 同店は現在、ストーブのほか、燃料として約1カ月分の薪、1週間以上は使える量の灯油を備蓄。暖房器具のほか、アウトドア用のランタンも貸し出す。また、連絡が取れないなどの緊急時にもスムーズに店を開けられるよう、店舗の合鍵を同町会に預けた。佐々木代表は「いつ災害が起きるかわからない。いざというときには好きなように使ってください」と呼び掛ける。

 岡部会長は「昨年の地震が冬の発生だったらと思うと恐ろしい。災害が起きないに越したことはないが、地域のために心強い味方が協力してくれてありがたい」と感謝した。

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

災害時協定を結んだ佐々木代表(左)と岡部会長

関連記事

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定...

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを...

日高報知新聞

日本一の夏イチゴをPR【浦河】

 全国一の生産量を誇る夏イチゴをアピールする「夏いちごの日」のイベントが15日、浦河町基幹集落センター堺町会館で開かれ、パック詰め放題やイチゴのスイーツづくりなどイチゴづくしの催しに約400人の...

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に...

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日ま...