北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

完成した優勝旗を喜ぶ(左から)干山良子副会長、内村会長、野村勝繁事務局長

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の福田継男さんの思いを受けて新調したもので、真っ赤な優勝旗が子どもたちの目標になることを願っている。

 同協議会は2004年に設立し、05年から発表大会を毎年開催。現在行われている寿年の部、熟年の部、一般一部、同二部にそれぞれ優勝旗はあるが、生前の福田さんは、少年少女の部に旗がないことを常に気にかけていたという。

 昨年9月に福田さんが亡くなった後、家族から八雲支部を通じて寄付金10万円が託された。11月に協議会の理事会を開き、福田さんの思いを受け止め、優勝旗新調を確認。札幌の業者に発注し、2月に完成。旗は約90×110センチで、中央にはワシの絵が描かれた。

 少年少女の部には7人中5人が福田さんが所属した八雲支部から出場する。内村会長は「ちょうど15回の節目も重なった。福田師匠には子どもたちの励みになればという気持ちがあったのだろう」と話し、福田さんの家族に感謝状を贈る方針だ。

 大会は午前9時半に開会し、5部門に68人が出場を予定する。昼休みには八雲で江差追分を習うベトナム人3人が特別出演する。入場無料で鑑賞できる。

関連記事

十勝毎日新聞

国鉄色の列車に郷愁 管内を貸し切り運行 十勝晴号【十勝】

 音更町の私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(穂積規さん運営)の開業5周年を記念した貸し切り列車「十勝晴号」の運行が25日、JR根室線の帯広-厚内(浦幌)間で行われた。池田駅では弁当売りもあ...

十勝毎日新聞

海鮮丼800食もりもり 格安「市場まつり」盛況【帯広】

 帯広地方卸売市場(高橋正行社長)で25日、「市場まつり」が開かれた。特選海鮮丼や本マグロ、地場野菜などが格安で販売され、買い物客でにぎわった。  同市場と同市場買受人組合(黒川義雄組合長、...

十勝毎日新聞

帯広北高 国立劇場で堂々 特別公演「やりきった」【東京】

 帯広北高校演劇部(松下結翔部長、部員4人)は24日午後、7月の全国高校総合文化祭(総文祭、佐賀市)で優秀賞に輝いた作品「放課後談話」を都内の国立劇場の大劇場で上演した。多くの演劇ファンや同校...

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、大門で青空公演【函館】

 函館出身の大道芸人、ギリヤーク尼ケ崎さん(89)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が24日、はこだてグリーンプラザ(函館市松風町)で開かれた。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと共演し、満身創痍...

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男...