北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

建物内部の構造に触れる 旧公会堂で工事現場見学会【函館】

建物内部の構造に触れた旧函館区公会堂の見学会の参加者

 函館市教委は21日、保存修理している国重要文化財の旧函館区公会堂(元町)で、工事現場を公開する見学会を開いた。市民約60人が参加し、普段見られない建物内部の構造に触れた。

 公会堂は老朽化した木材の更新や耐震補強のため、昨年9月30日で閉館。2021年4月末の再オープンを目指し大規模改修中で、どんな工事をしているか知ってもらおうと企画した。

 参加者は3組に分かれ、市文化財課学芸員の野村祐一さんの案内で見学。レンガで作られた建物の基礎部分のほか、2階の大広間では1階の天井裏の構造や、シャンデリアが飾ってあった場所に残る左官の技について説明を受けた。

 父と見学した函館弥生小学校5年の竹崎泰史君(11)は「建物の中がどうなっているかずっと気になっていた。見学して歴史があることをあらためて感じた」と話した。

 見学会は、工事の進行状況を踏まえて今後も複数回実施する予定。工事完了後は、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)など、新しい情報技術を採用した展示に更新する。

関連記事

根室新聞

移住体験住宅の利用再開【根室】

 根室市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて4月から利用を休止していた移住体験住宅を1日から再開した。国の「緊急事態宣言」解除を受け、6月19日から申し込みの受け付けを開始しており、...

苫小牧民報

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

苫小牧民報

未利用魚、捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間...

日高報知新聞

セーフティラリー出発【浦河】

 7月1日から10月31日まで123日間、日常の運転を通じて無事故、無違反をチームで競う浦河警察署管内(浦河、様似、えりも3町)の「セーフティラリー北海道2020」の出発式は、1日に予定されていたが、...

日高報知新聞

店で使用の家具や陶器など【様似】

【様似】6月27日に営業を終了した町大通1の喫茶店「カフェマザー」が、1日から最後のフリーマーケットを開いている。4日まで。  同店は、2011年3月にオープン。地域住民に親しまれた店で、東日本大...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス