北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

建物内部の構造に触れる 旧公会堂で工事現場見学会【函館】

建物内部の構造に触れた旧函館区公会堂の見学会の参加者

 函館市教委は21日、保存修理している国重要文化財の旧函館区公会堂(元町)で、工事現場を公開する見学会を開いた。市民約60人が参加し、普段見られない建物内部の構造に触れた。

 公会堂は老朽化した木材の更新や耐震補強のため、昨年9月30日で閉館。2021年4月末の再オープンを目指し大規模改修中で、どんな工事をしているか知ってもらおうと企画した。

 参加者は3組に分かれ、市文化財課学芸員の野村祐一さんの案内で見学。レンガで作られた建物の基礎部分のほか、2階の大広間では1階の天井裏の構造や、シャンデリアが飾ってあった場所に残る左官の技について説明を受けた。

 父と見学した函館弥生小学校5年の竹崎泰史君(11)は「建物の中がどうなっているかずっと気になっていた。見学して歴史があることをあらためて感じた」と話した。

 見学会は、工事の進行状況を踏まえて今後も複数回実施する予定。工事完了後は、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)など、新しい情報技術を採用した展示に更新する。

関連記事

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...