北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

超音波溶着の「精電舎」社長、人材確保に意欲【室蘭】

室蘭での研究開発拠点設置を目指し準備室を立ち上げる精電舎電子工業の松岸社長(中央)ら

 室蘭で研究開発拠点の開設を目指している超音波加工機国内トップシェアの精電舎電子工業(東京)の松岸則彰代表取締役社長が20日、青山剛室蘭市長を表敬し、「室蘭工業大学の学生が働ける場を確保し、室蘭で新製品の開発や新分野の開拓を進めたい」と意欲を示した。

 同社は2017年度(平成29年度)から、室工大で超音波を研究する青柳学教授(大学院工学研究科しくみ情報系領域)と超音波の応用技術について共同研究を進めている。開発環境や人材確保で優位性がある室蘭で将来的に研究・開発拠点の設置を目指し、室蘭テクノセンター(東町)に設立準備室を開設。4月から開発に協力してくれるパートナー企業探しなどを始める。

 松岸社長と青柳教授のほか、同社幹部や室工大の船水尚行理事副学長らが同席。松岸社長が準備室開設の経緯を説明し「室蘭では設計や開発を想定しているが、いろいろな可能性を検討している」と将来的な生産拠点開設も視野に入れていることを明らかにした。

 当面は同社の担当者が不定期で足を運び、市も準備室設置や資金調達、マッチングなどでバックアップする。松岸社長は「地元の製造業者がものづくりを深く理解し、大学とも連携するなど技術の蓄積がある。室蘭で製品開発が完結できるだけの環境が整っている」と強調。「室工大の学生が働ける環境を整えた上で必要な人材を確保し、研究開発に取り組んでいきたい」と意欲を示した。

 同社は1956年(昭和31年)設立の電気機器メーカー。60年に発売され爆発的に売れたビニール人形の「ダッコちゃん」を製造する高周波溶着機を開発して成長。世界初の「超音波ウェルダー」など、超音波や高周波でプラスチックや金属を溶着、溶断する加工機で国内トップシェアを誇る。製品は自動車や食品加工、電子機器、医療、バイオなど幅広い産業、研究分野に広がり、2018年度の売上高は約40億円。従業員は160人。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス