北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

久保内小で休校式、117年の歴史を振り返る【壮瞥】

休校式で佐藤町長に校旗を移管する柴田校長

卒業式で合唱を披露する卒業生と在校生

 児童数の減少で、2018年度(平成30年度)をもって休校する壮瞥町久保内小学校(柴田暦章校長)の休校式が20日、同小学校であった。関係者約70人が地域とともに歩んだ117年間の歴史を振り返り、伝統と精神を今後も受け継ぐことを誓った。

 同校は1901年(明治34年)4月、児童9人で開校。ピークは1956年(昭和31年)で265人が在籍した。現校舎は93年(平成5年)に完成し、移転。児童数の減少は進み、18年度の児童数は6年生2人、5年生2人、1年生1人の計5人。卒業生は今春の2人を含め2402人。

 休校式は町が主催。式辞で佐藤秀敏町長は、久保内小の歴史などを振り返り、「受け継がれた教育理念、伝統は皆さんの心に残り、受け継がれる」と述べた。来賓を代表し、佐野秀樹胆振教育局長が祝辞。柴田校長が校旗を佐藤町長に移管した。

 30年ほど前に久保内小児童が作詞し、シンガーソングライター・故いなむら一志さんが作曲した「久保内の歌」を出席者全員で歌い上げると、涙を流す地域住民の姿もあった。

 休校式に先立ち行われた卒業式では、卒業生の谷田乃々花さん、南條勇人君に、柴田校長が卒業証書を授与。柴田校長は卒業生2人と在校生3人に温故知新の言葉を贈り「久保内としての誇りを持って一生懸命、これからも学んでほしい」と声を詰まらせ、祝辞を述べた。

 4月から卒業生2人は壮瞥中、在校生3人は壮瞥小に通う。

関連記事

根室新聞

移住体験住宅の利用再開【根室】

 根室市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて4月から利用を休止していた移住体験住宅を1日から再開した。国の「緊急事態宣言」解除を受け、6月19日から申し込みの受け付けを開始しており、...

苫小牧民報

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

苫小牧民報

未利用魚、捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間...

日高報知新聞

セーフティラリー出発【浦河】

 7月1日から10月31日まで123日間、日常の運転を通じて無事故、無違反をチームで競う浦河警察署管内(浦河、様似、えりも3町)の「セーフティラリー北海道2020」の出発式は、1日に予定されていたが、...

日高報知新聞

店で使用の家具や陶器など【様似】

【様似】6月27日に営業を終了した町大通1の喫茶店「カフェマザー」が、1日から最後のフリーマーケットを開いている。4日まで。  同店は、2011年3月にオープン。地域住民に親しまれた店で、東日本大...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス