北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

サンライバが今季クローズ、レンタル売上額増加【登別】

今シーズン最後の滑りを楽しむ来場者

 カルルス温泉サンライバスキー場(登別市カルルス町、佐藤義雄支配人)の今シーズンの営業が21日、終了した。来場者の目安となるリフト搬送人員は約27万人。最終日は家族連れらが訪れ名残惜しそうにスキーなどを楽しんでいた。

 同スキー場は昨年12月15日にオープン。佐藤支配人によると、今シーズンのリフト搬送人員は昨シーズンに比べ、5千人ほど落ち込んだ。一方で訪日客のスキー場利用などでスノボードやスキーのレンタル売上額は増加。全体的な収益は微増したという。「今年は暖冬傾向で雪が少ない日もあったが、たくさんの来場者に利用していただいた」と話していた。

 この日は今シーズン最後の滑り楽しもうと家族連れらが訪れ、春の訪れで解け始めた雪原にシュプールを描いていた。

 お父さんと訪れた山田悠生君(7)は「今シーズンもいっぱい来たよ。きょうの雪はちょっと軟らかいけど、楽しい」と何度も滑っていた。

関連記事

根室新聞

魚箱風ティッシュケース反響 ヨシザワ木材【根室】

 魚箱を製造している光洋町1のヨシザワ木材株式会社(吉(※)澤克弘社長)は、魚箱をイメージしたティッシュケースを発売した。トドマツ材を使い、根室を代表する水産物のサンマと鮭をデザインした2種。同...

苫小牧民報

給食にあんがす牛のハヤシライス 安平の地元牧場が無償提供

 安平町内の小中学校6校と認定こども園2園で13日、給食に地元産の牛肉「あんがす牛」を使ったハヤシライスが提供された。  北海道が主体となって行う道産牛肉学校給食提供推進事業。町内早来緑丘の内...

苫小牧民報

ディープ産駒 1歳馬過去最高5億1000万円

 日本競走馬協会が主催する国内最大のサラブレッド競り市「セレクトセール」は13日、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで1歳馬249頭の競りが行われた。中央競馬のGⅠ7勝馬ディープインパクトを父に持つ...

室蘭民報

ウポポイ開業 民族共生へ一歩【白老】

初日2千人  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイが12日開業、ウポポイPRアンバサダーを招いた華やかなオープニングセレモニーが行われ、道内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルス感染防止...

室蘭民報

54万人大幅減少 昨年度観光入り込み【登別】

日韓情勢悪化、コロナ影響  登別市の2019年度観光入り込みがまとまった。対前年度比54万7615人減の323万5676人だった。日韓情勢の悪化により、国・地域別宿泊延べ数では、韓国が約6万人減...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス