北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

なよろ憲法記念ハーフマラソン・5月3日開催で参加呼び掛け【名寄】

 「第67回なよろ憲法記念ハーフマラソン」が、5月3日午前9時から天塩川河川敷特設コースで開かれる。申し込み締め切りが3月25日までとなっており、大会のプロデュースに関わる阿部雅司さんは「充実した内容となっているので、多くの人たちに参加してほしい」と呼び掛けている。

 名寄市、名寄市教育委員会、道北陸上競技協会の主催。1953年から開催されている歴史ある大会で、64回大会からは「なよろ憲法記念ロードレース」としていた大会名を、ランナーによりアピールができる名称にとの声に応え「なよろ憲法記念ハーフマラソン」に変更して開催。

 今大会(雨天決行)の競技も、できるだけ多くの人が気軽に参加できるよう距離と種目区分を細分化。ハーフの一般男子の部が39歳以下、40歳代、50歳代、60歳以上。女子の部はフリー。

 10キロは、男子の部が中学、高校、一般39歳以下、40歳代、50歳代、60歳以上。女子の部はフリー。

 5キロは、男子の部が小学、中学、高校、一般39歳以下、40歳代、50歳代、60歳代、70歳以上。女子の部が小学、中学、高校、一般39歳以下、同40歳以上。

 2キロは、男女各部とも小学、中高含む一般。2キロの親子ペアの部は小学生と親のペア。幼児の部は746メートルとなっている。

 参加資格は、各種目区間を走り切れる人。参加料は幼児1000円、小中高生1500円、一般と親子ペア3500円。

 申し込み方法は大会ホームページ(http://hokkaido-sports-gassyuku.com/top/)。

 または市民文化センターとふうれん地域交流センターに置いてある申込書による2種類。文化センターでは土日も受け付けている。問い合わせは同センター内の事務局01654-2-2218)まで。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...