北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はねぎらいや感謝の言葉を送っている。

「イチロー選手に会えたことは一生の思い出。サインボールやツーショット写真は家宝です」と笑う真継さん

「名人」と同行

 「イチロー選手と会えたのは一生の思い出」。帯広市内のミズノ野球用品専門店「マツギスポーツ」(柏林台南町1)を経営する真継秀明さん(62)は感慨深そうに振り返る。

 真継さんは2005年3月、ミズノが契約する選手のグラブやミットを修理するスタッフとして米アリゾナ州でのメジャーリーグのキャンプに派遣された。当時、イチロー選手のグラブを専属で製造、修理していた名人の坪田信義さんらと同行した。

 直接、メンテナンスをすることはなかったが、イチロー選手との交流も。練習前に駐車場からクラブハウスにさっそうと走って入る姿が「本当に爽やかでスマートだった」と話す。

 今回のマリナーズの試合をテレビで見ながら、妻の敦子さん(53)に思い出を語ったという。引退には「50歳までプレーすると思っていた。残念な気持ちもあるが、日本人野手がここまで活躍できたのは素晴らしい。けががないのもプロとしてすごい」とたたえた。

バットは「本別発」

 イチロー選手は3、4年前まで、本別ゆかりのアオダモのバットを使用していた。道内から集めた原木を角材に加工し、スポーツメーカーに出荷する山内バット製材工場(本別町美里別34)の山内淳一社長(64)は「日本時代からアオダモを使ってくれた名選手。引退には感無量と寂しい気持ちが交錯する」と話す。

 同社は創業60年、十勝で生き残った唯一のバット工場。イチロー選手もメイプル材を取り入れる一方、アオダモにもこだわりを見せた選手の一人。「私たちは木に命を込める役目。作らせてもらっているというプライドと誇りを与えてくれた」と山内社長は感謝を惜しまない。

 本別の「道の駅ステラ★ほんべつ」には、イチロー選手らが使った山内バット製材工場産の専用モデルバットが展示されている。

中野製作所が製作した、オリックス時代のイチロー選手のマスコットバット

 イチロー選手の存在は十勝の野球少年にとっても憧れだった。少年野球チーム「開西・つつじが丘マリナーズ」の顧問を務める帯広市の佐藤哲博さん(65)は「(01年に)イチロー選手が大リーグで活躍し始めて、少年団の入団希望者が2~3割増えた記憶がある」と懐かしむ。現チーム名になったのは04年。「マリナーズの名前となり、目の輝きが変わった」

 意外なつながりも。木製品加工の中野製作所(帯広、中野正睦社長)は1996年から2年ほど、オリックスブルーウェーブ時代のイチロー選手のマスコットバットを製作していた。バットは長さ50センチほど。中野社長(60)は「バットは2万本製作し、イチロー人気を感じた。お疲れさまと声を掛けたい」と話す。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...