北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はねぎらいや感謝の言葉を送っている。

「イチロー選手に会えたことは一生の思い出。サインボールやツーショット写真は家宝です」と笑う真継さん

「名人」と同行

 「イチロー選手と会えたのは一生の思い出」。帯広市内のミズノ野球用品専門店「マツギスポーツ」(柏林台南町1)を経営する真継秀明さん(62)は感慨深そうに振り返る。

 真継さんは2005年3月、ミズノが契約する選手のグラブやミットを修理するスタッフとして米アリゾナ州でのメジャーリーグのキャンプに派遣された。当時、イチロー選手のグラブを専属で製造、修理していた名人の坪田信義さんらと同行した。

 直接、メンテナンスをすることはなかったが、イチロー選手との交流も。練習前に駐車場からクラブハウスにさっそうと走って入る姿が「本当に爽やかでスマートだった」と話す。

 今回のマリナーズの試合をテレビで見ながら、妻の敦子さん(53)に思い出を語ったという。引退には「50歳までプレーすると思っていた。残念な気持ちもあるが、日本人野手がここまで活躍できたのは素晴らしい。けががないのもプロとしてすごい」とたたえた。

バットは「本別発」

 イチロー選手は3、4年前まで、本別ゆかりのアオダモのバットを使用していた。道内から集めた原木を角材に加工し、スポーツメーカーに出荷する山内バット製材工場(本別町美里別34)の山内淳一社長(64)は「日本時代からアオダモを使ってくれた名選手。引退には感無量と寂しい気持ちが交錯する」と話す。

 同社は創業60年、十勝で生き残った唯一のバット工場。イチロー選手もメイプル材を取り入れる一方、アオダモにもこだわりを見せた選手の一人。「私たちは木に命を込める役目。作らせてもらっているというプライドと誇りを与えてくれた」と山内社長は感謝を惜しまない。

 本別の「道の駅ステラ★ほんべつ」には、イチロー選手らが使った山内バット製材工場産の専用モデルバットが展示されている。

中野製作所が製作した、オリックス時代のイチロー選手のマスコットバット

 イチロー選手の存在は十勝の野球少年にとっても憧れだった。少年野球チーム「開西・つつじが丘マリナーズ」の顧問を務める帯広市の佐藤哲博さん(65)は「(01年に)イチロー選手が大リーグで活躍し始めて、少年団の入団希望者が2~3割増えた記憶がある」と懐かしむ。現チーム名になったのは04年。「マリナーズの名前となり、目の輝きが変わった」

 意外なつながりも。木製品加工の中野製作所(帯広、中野正睦社長)は1996年から2年ほど、オリックスブルーウェーブ時代のイチロー選手のマスコットバットを製作していた。バットは長さ50センチほど。中野社長(60)は「バットは2万本製作し、イチロー人気を感じた。お疲れさまと声を掛けたい」と話す。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...