北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新たに3事業所8商品【新ひだか】

【新ひだか】町内で生産される優れた産品を推奨品として認証する「新ひだか推奨品認証制度」の認証書交付式が19日、JR静内駅併設の町観光情報センターで開かれ、3事業所8商品を新たに認証したほか、平成28年に認証を受けた4事業所7商品も登録を更新した。

 推奨品認証制度は、25年度に創設され、今回を合わせて26事業者68商品が認定。町や観光協会、消費者協会、商工会、農・漁協、森林組合など産業団体で構成する新ひだか推奨品認証委員会(原昭子委員長、9人)で認定審査を行い、推奨品を決めている。認証期間は3年間。

 今回新たに認証されたのは、赤ひげの「豚ロースチャーシュー」、「若鶏の半身焼き」。一條製麺の「生ラーメン 味噌」、「生ラーメン 塩」、「生ラーメン 醤油」。SRK日高オーベルジュナチュラルリゾートハイジアの「日高昆布を使った白樺水の洗髪石鹸(シャンプー)」、「日高昆布を使った白樺水の化粧水」、「日高昆布を使った白樺水の手ごね石鹸」の8商品。

 認証書交付式で原委員長は「町内の魅力あふれる優れた商品を地域ブランドとして認証し、全国に広く発信することを目的に、新たに8商品を認証しました。今後の多種多様な活用に向けて推進していくこととしており、認証された事業者の協力なしでは本制度は成り立たないので、今後ともご理解とご協力を」とあいさつし、各事業者に認証書を手渡した。

 推奨品は観光情報センターや役場静内庁舎でコーナーを設けて展示するほか、商品パッケージに「新ひだか推奨品」を表示し、観光協会や町が道内外で実施する特産品販売や販売促進、ホームページPRに優先的に活用される。

 赤ひげの「若鶏の半身焼き」などで初めて認証された、グランパの飯島康彦代表(54)は「推奨品になることで地元に認められうれしい。通信販売などで若鶏の半身焼きのおいしさを全国に知ってもらいたい」と話していた。

原委員長(手前)から認証書を受け取る事業所代表

関連記事

根室新聞

魚箱風ティッシュケース反響 ヨシザワ木材【根室】

 魚箱を製造している光洋町1のヨシザワ木材株式会社(吉(※)澤克弘社長)は、魚箱をイメージしたティッシュケースを発売した。トドマツ材を使い、根室を代表する水産物のサンマと鮭をデザインした2種。同...

苫小牧民報

給食にあんがす牛のハヤシライス 安平の地元牧場が無償提供

 安平町内の小中学校6校と認定こども園2園で13日、給食に地元産の牛肉「あんがす牛」を使ったハヤシライスが提供された。  北海道が主体となって行う道産牛肉学校給食提供推進事業。町内早来緑丘の内...

苫小牧民報

ディープ産駒 1歳馬過去最高5億1000万円

 日本競走馬協会が主催する国内最大のサラブレッド競り市「セレクトセール」は13日、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで1歳馬249頭の競りが行われた。中央競馬のGⅠ7勝馬ディープインパクトを父に持つ...

室蘭民報

ウポポイ開業 民族共生へ一歩【白老】

初日2千人  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイが12日開業、ウポポイPRアンバサダーを招いた華やかなオープニングセレモニーが行われ、道内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルス感染防止...

室蘭民報

54万人大幅減少 昨年度観光入り込み【登別】

日韓情勢悪化、コロナ影響  登別市の2019年度観光入り込みがまとまった。対前年度比54万7615人減の323万5676人だった。日韓情勢の悪化により、国・地域別宿泊延べ数では、韓国が約6万人減...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス