北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

卒業設計で銀賞受賞・名寄産業高校建築システム科【名寄】

日本建築学会道支部の卒業設計で銀賞を受賞した木村さん(右)と後藤さん

 今年3月に名寄産業高校(杉田良二校長)建築システム科を卒業した木村周斗さん、後藤光さんらは、日本建築学会北海道支部の卒業設計「工業高校」部門で銀賞を受賞した。研究テーマは「やっぱり西條に集まる輪」で、西條名寄店をリノベーション(改造)し、より多くの人が集いにぎわう空間を創造した内容。なお、受賞作品は西條名寄店1階ホール(エスカレーター横)で展示されている。    同校では、体験や交流を通して問題解決能力の向上を図ることを目指し、3年生の教科として「課題研究」を設定。学科の特色を生かした実験、調査研究、作品製作などに取り組んでいる。

 「やっぱり西條に集まる輪」をテーマとした課題研究チームは、木村さん、後藤さんを中心に石井廉さん、梶原千澄雄さん、刈谷洋輝さん、時田翼さん、中村伯さん、村井拓実さんの8人で構成。

 研究テーマについて木村さん、後藤さんは「西條は創業当時、現在よりもさらに多くの人でにぎわっていたが、人口減少や郊外への大型店進出、コンビニエンスストアの出店などで利用者は減少。かつてのように幅広い年齢層の来店者でにぎわう姿を取り戻したいと考えた」と説明。

 研究内容は、既存店舗の骨格を残し、より多くの人でにぎわう空間へリノベーションした店舗を平面図にまとめた他、現行の店舗の200分の1スケールと、リノベーション後の100分の1スケールの模型も作製した。

 主なリノベーション内容について、「1階の食品売り場や衣類売り場を全てなくし、そこに商店街のような通りにした。グルメ屋台がずらりと並び、何も用事がない人でも楽しめたり、通り抜けができる空間を創造。また、2階は物作り体験ができる場所に生まれ変わらせた」と説明。

 また、屋上はサッカーやバスケットボールなどのスポーツが楽しめる空間となっていて、「買い物が目的というよりも、子どもから大人まで、色々な人が集える場となることを意識した」と話す。

関連記事

根室新聞

魚箱風ティッシュケース反響 ヨシザワ木材【根室】

 魚箱を製造している光洋町1のヨシザワ木材株式会社(吉(※)澤克弘社長)は、魚箱をイメージしたティッシュケースを発売した。トドマツ材を使い、根室を代表する水産物のサンマと鮭をデザインした2種。同...

苫小牧民報

給食にあんがす牛のハヤシライス 安平の地元牧場が無償提供

 安平町内の小中学校6校と認定こども園2園で13日、給食に地元産の牛肉「あんがす牛」を使ったハヤシライスが提供された。  北海道が主体となって行う道産牛肉学校給食提供推進事業。町内早来緑丘の内...

苫小牧民報

ディープ産駒 1歳馬過去最高5億1000万円

 日本競走馬協会が主催する国内最大のサラブレッド競り市「セレクトセール」は13日、苫小牧市美沢のノーザンホースパークで1歳馬249頭の競りが行われた。中央競馬のGⅠ7勝馬ディープインパクトを父に持つ...

室蘭民報

ウポポイ開業 民族共生へ一歩【白老】

初日2千人  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイが12日開業、ウポポイPRアンバサダーを招いた華やかなオープニングセレモニーが行われ、道内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルス感染防止...

室蘭民報

54万人大幅減少 昨年度観光入り込み【登別】

日韓情勢悪化、コロナ影響  登別市の2019年度観光入り込みがまとまった。対前年度比54万7615人減の323万5676人だった。日韓情勢の悪化により、国・地域別宿泊延べ数では、韓国が約6万人減...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス