北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「億ション」も成約 西3・9マンション【帯広】

タワーマンションの完成模型の前で販売状況を説明する(左から)友野部長と笠原部長

 旧イトーヨーカドービルなどを含む帯広市西3・9周辺地区第一種市街地再開発事業のうち、高層分譲マンション「ザ・タワー帯広」の販売開始から2週間が経過した。販売を担う大手不動産2社によると、22日までの契約件数は40件で、準備中も含めると50件に上り、成約者の9割以上が十勝在住者ということが分かった。

 フージャースコーポレーション(東京)の友野珠江営業企画部長と、大京(東京)の笠原洋一北海道支店担当部長が22日、取材に応じた。

 同再開発事業者から19階・148戸の同マンションを取得、9日から1期分として、主に10階以上で価格帯が上のタイプ60戸分を販売している。

 成約者の年代は50、60代が最も多く、現在の居住地は帯広が70%、近隣3町が15%、それ以外の十勝管内が7%。残り7%は札幌などとなっている。購入額の平均は4000万円ほどで、「億ション」とも言われるタイプ(最上階・広さは通常の2戸分、約1億4000万円)も予定通り1戸売れた。

 笠原部長は「地元重視で営業を進めてきたが予想以上の売れ行き。来場に占める成約率が他都市に比べ5%以上も高い。十勝は農業を基軸に経済基盤が高いことを改めて実感した」と話した。

 再開発事業では商業棟のテナントも関心事。現段階ではフージャースのグループ企業が、健康フィットネス関連施設の計画などを公表しているのみ。友野部長は「再開発事業者が鋭意誘致を進めている」と説明した。

 2期分の販売は4月からで、目標は中下層階中心に30戸。友野部長は「2LDKで2000万円台後半で買えるタイプも2桁用意した。今後、入居前に契約者同士がコミュニケーションを図る場もつくる。地域イベントにも積極的に協賛し、貢献したい」とした。

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス