北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「億ション」も成約 西3・9マンション【帯広】

タワーマンションの完成模型の前で販売状況を説明する(左から)友野部長と笠原部長

 旧イトーヨーカドービルなどを含む帯広市西3・9周辺地区第一種市街地再開発事業のうち、高層分譲マンション「ザ・タワー帯広」の販売開始から2週間が経過した。販売を担う大手不動産2社によると、22日までの契約件数は40件で、準備中も含めると50件に上り、成約者の9割以上が十勝在住者ということが分かった。

 フージャースコーポレーション(東京)の友野珠江営業企画部長と、大京(東京)の笠原洋一北海道支店担当部長が22日、取材に応じた。

 同再開発事業者から19階・148戸の同マンションを取得、9日から1期分として、主に10階以上で価格帯が上のタイプ60戸分を販売している。

 成約者の年代は50、60代が最も多く、現在の居住地は帯広が70%、近隣3町が15%、それ以外の十勝管内が7%。残り7%は札幌などとなっている。購入額の平均は4000万円ほどで、「億ション」とも言われるタイプ(最上階・広さは通常の2戸分、約1億4000万円)も予定通り1戸売れた。

 笠原部長は「地元重視で営業を進めてきたが予想以上の売れ行き。来場に占める成約率が他都市に比べ5%以上も高い。十勝は農業を基軸に経済基盤が高いことを改めて実感した」と話した。

 再開発事業では商業棟のテナントも関心事。現段階ではフージャースのグループ企業が、健康フィットネス関連施設の計画などを公表しているのみ。友野部長は「再開発事業者が鋭意誘致を進めている」と説明した。

 2期分の販売は4月からで、目標は中下層階中心に30戸。友野部長は「2LDKで2000万円台後半で買えるタイプも2桁用意した。今後、入居前に契約者同士がコミュニケーションを図る場もつくる。地域イベントにも積極的に協賛し、貢献したい」とした。

関連記事

釧路新聞

釧路町議選投開票

任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...