北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで、入場無料。

 桑折さんはえりも町庶野の出身。昭和51年に26歳で、えりも産コンブ販売を目指して札幌市で「札幌こんぶ屋」を開業。ダンボール画家へのきっかけは、購入するコンブの包装に多量のダンボールが使われていることからその有効利用を目指して、平成15年に53歳で独学で「ダンボール画家」としての活動を開始した。

 ダンボールに描いた絵画の表面の一部を直感でカッターで剥がして、内部の波状に成形してある紙で絵画の躍動感や空気、風などを表現する独特の画風だ。

 今回の作品展は、平成15年から現在までの約300点の中から選び抜いた30作品を展示した。「夢見る初春」「北の白馬」「不思議な湖」など豊似湖の上空を飛ぶワシや日高の牧場風景、おばあちゃんの姿など見事な作品が並ぶ。

 江戸時代の浮世絵師・喜多川歌麿などの版画をモチーフに「北の浮世絵」をイメージしているという。  ダンボールアート絵画個展は、札幌市を中心に今回ですでに23回開催して好評を博し、本州では、東京都内、名古屋市、静岡市でも開催している。

 桑折さんは「管内では初の〝暖”ボールアート展となり、小・中学生にもぜひ観賞してもらいたい」と話している。

 23日午後1時半から同公民館で「〝暖”ボールアート体験会」を開催し、桑折さんの〝暖”ボールアートの話もある。

 開館時間は、午前9時から午後6時まで。月曜休館、日曜日は午後5時まで。

来館者に丁寧に説明する桑折さん(中央奥)

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...