北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで、入場無料。

 桑折さんはえりも町庶野の出身。昭和51年に26歳で、えりも産コンブ販売を目指して札幌市で「札幌こんぶ屋」を開業。ダンボール画家へのきっかけは、購入するコンブの包装に多量のダンボールが使われていることからその有効利用を目指して、平成15年に53歳で独学で「ダンボール画家」としての活動を開始した。

 ダンボールに描いた絵画の表面の一部を直感でカッターで剥がして、内部の波状に成形してある紙で絵画の躍動感や空気、風などを表現する独特の画風だ。

 今回の作品展は、平成15年から現在までの約300点の中から選び抜いた30作品を展示した。「夢見る初春」「北の白馬」「不思議な湖」など豊似湖の上空を飛ぶワシや日高の牧場風景、おばあちゃんの姿など見事な作品が並ぶ。

 江戸時代の浮世絵師・喜多川歌麿などの版画をモチーフに「北の浮世絵」をイメージしているという。  ダンボールアート絵画個展は、札幌市を中心に今回ですでに23回開催して好評を博し、本州では、東京都内、名古屋市、静岡市でも開催している。

 桑折さんは「管内では初の〝暖”ボールアート展となり、小・中学生にもぜひ観賞してもらいたい」と話している。

 23日午後1時半から同公民館で「〝暖”ボールアート体験会」を開催し、桑折さんの〝暖”ボールアートの話もある。

 開館時間は、午前9時から午後6時まで。月曜休館、日曜日は午後5時まで。

来館者に丁寧に説明する桑折さん(中央奥)

関連記事

根室新聞

地元ビッグバンドEPJO サッポロ・シティ・ジャズ出演決まる【根室】

世界的トランぺッター 日野皓正さんと共演  根室のアマチュアビッグバンドEPJOが、10月に札幌文化芸術劇場hitaru(ヒタル)で開かれるサッポロ・シティ・ジャズ2020のシアター・ジャズ...

根室新聞

議会のICT化に研修 タブレット端末の活用など【根室】

 議会改革を進める根室市議会(本田俊治議長)は、議会活動のICT化に向けた研修会を7日午後1時半から議場で開いた。研修会では「タブレット端末を利用した議会活動について」と題し、ペーパーレス議会...

苫小牧民報

まちのシンボル住民票に 雪だるまデザイン無料交付31日まで-安平

 安平町は11日から、町のシンボル「雪だるま」の特別住民票の無料交付をスタートした。今年は、雪だるまが夏のアクティビティーでもあるキャンプを楽しむというユニークなデザインとなっている。交付期間は...

苫小牧民報

道9区次期衆院選候補に松橋氏 共産苫小牧地区委

 共産党苫小牧地区委員会は11日、次期衆院選道9区(胆振、日高管内)に、党北海道委員会委員の松橋千春氏(38)を党公認候補として擁立すると発表した。  松橋氏は同日、苫小牧市見山町の同委員会事...

苫小牧民報

ウポポイ開業1カ月。来場3万5000人 博物館4割見学せず、入館制限の影..

 国がアイヌ文化の復興と発信の拠点として白老町のポロト湖畔に整備した民族共生象徴空間(ウポポイ)は、12日で開業1カ月を迎えた。アイヌ民族をテーマにした初の国立博物館を中核とした施設の来場者は、...