北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

別れを惜しみながら体験館前で記念撮影

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ、最後は入り口前に全員が集まって記念撮影した。

 体験館は1989年に開かれた横浜博覧会のパビリオンの一つを移設する形で、91年10月にオープン。サイエンスガイドが案内をしながら、地球の歴史やさまざまな自然環境を体験できる施設として人気を集めたが、地震で展示していた約200キロの岩石が落下し、入り口付近の天井が抜けるなどの被害が発生。9月6日から休館していた。

 隣接する穂別博物館周辺エリアの再整備基本計画に合わせて、今年10月に営業を終える計画だったが、復旧に約2億5000万円の多額の費用が掛かることから閉館時期を早めた。

 イベントは体験館の中に入れないことから、町民センターで実施。施設の歴史を振り返る「カルタ大会」で遊ぶなどした。その後、体験館に移動して、記念写真を撮影した。

 苫小牧市から訪れた公務員梅津拓史さん(46)は「中に入れないのは残念だが、最後に来ることができて良かった」と話した。館長で町恐竜ワールド戦略室の加藤英樹室長は「被災して営業ができなくなり、このような形で最後を迎えるのは残念」と話し、「お疲れさまという気持ちでいっぱいです」と閉館を惜しんだ。

 元サイエンスガイドも駆け付けた。ガイドを5年間務め、現在群馬県に住んでいる小山梨枝さん(33)は「『また来るね』『楽しかった』と来館者に言われることがうれしく、やりがいだった。青春の記憶が詰まっています」と涙ぐんだ。

 現役ガイドの中野美智子さん(34)は「たくさんの人が来てくれてうれしい。最後の別れを言うことができて、施設も喜んでくれていると思います」と涙をぬぐった。来館者の累計は66万6736人。

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...