北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

いさ鉄の沿線に見立てたすごろくなどが楽しめる同社の開業3周年記念イベント(JR函館駅)

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく、道内外から観光客を呼び込むなど、この3年間で道南の魅力発信に貢献した。23日から記念イベントも始まった。

 同社はJR北海道から旧江差線の経営を引き継ぐ形で、道と北斗市などの沿線3市町、JR貨物、ホクレンの出資で設立。道南唯一の第三セクター鉄道で、沿線の魅力を生かした観光列車を運行するなどし、開業当初から注目を集めた。

 16年度には同社が運行する観光列車「ながまれ海峡号」を利用した日本旅行(東京)の観光ツアーが、鉄道を使った旅行商品の全国1位を決める「鉄旅オブザイヤー」でグランプリを受賞し、道南観光のPRに拍車をかけた。

 今月16日にはJR北海道のダイヤ改正に合わせ同社もダイヤ改正を実施。木古内駅での道新幹線との接続を改善させるなど、より利用しやすくなった。

 23日にはJR函館駅と清川口駅(北斗市)で、同社や北海道新幹線の開業3周年を記念するイベントが始まった。このうち函館駅では同社の沿線に見立てたすごろくが登場し、訪れた観光客がすごろくで「いさ鉄」に理解を深めた。函館市田家町の伊藤壮祐ちゃん(1)は「楽しかった」と笑顔を見せ、父親の圭介さんも「ふだん乗らないので少し興味がわいた」と話していた。

 イベントは24日も両会場で午前10時から午後3時まで開かれている。

関連記事

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...