北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

バイオガスプラント完成 芽登に町内初の集約型【足寄】

 JAあしょろ(新津賀庸組合長)が町芽登地区に建設を進めていたバイオガスプラント「JAあしょろバイオマスセンター」が完成し、22日、内覧会と竣工(しゅんこう)式が行われた。成牛1000頭規模のふん尿を処理し、発電する施設。4月から本格稼働する。

JAあしょろが芽登地区で建設を進め、完成したJAあしょろバイオマスセンター

 約1ヘクタールの敷地に原料槽や発酵槽、再生敷料製造棟、発電気棟、消化液貯留設備などを整備。トラブルに備えて処理ラインは2系統を確保し、殺菌処理した再生敷料の生産、耕畜連携の消化液の活用も行う。

 事業費は13億5000万円(うち補助・国1億7400万円、町5億円)。2017年7月に着工した。

 ふん尿は、同地区の大型酪農家3戸を中心に近隣農家から受け入れ、成牛換算で約1000頭、1日当たり約80トンを処理する。発電は1日6690キロワット時を試算し、固定価格買い取り制度(FIT)を活用して売電。プラントは同JAが運営していく。

 町内では、15年以上前に個別プラントが導入されたが、集約(共同利用)型は今施設が初めて。

 新津組合長は「構想から5年、中山間地の不利な農地の足寄にあって、安定した農業経営につながる。規模拡大する上でもゆとりのある生乳生産に取り組め、環境にも寄与する」と話していた。

 竣工式には関係者80人が出席し、神事を執り行った。午後からは町民センターに場所を移して祝賀会を開いた。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス