北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

バイオガスプラント完成 芽登に町内初の集約型【足寄】

 JAあしょろ(新津賀庸組合長)が町芽登地区に建設を進めていたバイオガスプラント「JAあしょろバイオマスセンター」が完成し、22日、内覧会と竣工(しゅんこう)式が行われた。成牛1000頭規模のふん尿を処理し、発電する施設。4月から本格稼働する。

JAあしょろが芽登地区で建設を進め、完成したJAあしょろバイオマスセンター

 約1ヘクタールの敷地に原料槽や発酵槽、再生敷料製造棟、発電気棟、消化液貯留設備などを整備。トラブルに備えて処理ラインは2系統を確保し、殺菌処理した再生敷料の生産、耕畜連携の消化液の活用も行う。

 事業費は13億5000万円(うち補助・国1億7400万円、町5億円)。2017年7月に着工した。

 ふん尿は、同地区の大型酪農家3戸を中心に近隣農家から受け入れ、成牛換算で約1000頭、1日当たり約80トンを処理する。発電は1日6690キロワット時を試算し、固定価格買い取り制度(FIT)を活用して売電。プラントは同JAが運営していく。

 町内では、15年以上前に個別プラントが導入されたが、集約(共同利用)型は今施設が初めて。

 新津組合長は「構想から5年、中山間地の不利な農地の足寄にあって、安定した農業経営につながる。規模拡大する上でもゆとりのある生乳生産に取り組め、環境にも寄与する」と話していた。

 竣工式には関係者80人が出席し、神事を執り行った。午後からは町民センターに場所を移して祝賀会を開いた。

関連記事

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...

十勝毎日新聞

9月生まれおいで 3000円分のチケット贈呈【鹿追】

 鹿追町観光協会(坂本昌彦会長)は、9月生まれの町外在住者に、町内観光施設などで使える3000円分のチケットを贈呈する「ハッピーバースデーキャンペーン」を実施する。  町内への誘客を目的に20...

室蘭民報

室蘭市と宮古市が災害時相互支援で協定、フェリー活用【室蘭】

 昨年就航した定期フェリーで結ばれた室蘭市と岩手県宮古市が20日、災害時の相互応援や協力に関する協定を結んだ。海上インフラを最大限生かし、災害発生時に速やかに人や物資の応援を要請・派遣するほか、...